ナダル、全米4年ぶりのベスト4進出[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)男子シングルス準々決勝で、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)とアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が対戦。6-1、6-2、6-2のストレートで、ナダルが快進撃を続けた19歳のルブレフを下し、全米4年ぶりのベスト4進出を果たした。試合時間は1時間37分。

第1セット、ナダルが安定してポイントを取っていく中、ルブレフは動きが堅く、ダブルフォルトなどのミスを重ねてしまう。リターンエースなどのナイスプレーを見せるも、6-1でナダルが第1セットを先取する。

第2セットもナダルの変幻自在のショットが炸裂する。長いラリーをルブレフが取るシーンも見られたが、ナダルの安定したプレーはルブレフにブレークポイントを与えることなく、6-2で連取した。

迎えた第3セット。ここでもナダルのプレーにルブレフが翻弄される。ルブレフは第5ゲームを自らのダブルフォルトで落としてしまい、いらだちを隠せない場面も見られた。最終的には圧倒的なプレーを見せたナダルが6-2でベスト4進出を決めた。

世界ランク1位のナダルとの初対戦となった、史上最年少ベスト8のルブレフ。憧れの選手と、初めてのセンターコートでの試合ということもあり、緊張もあったのだろう。若さ溢れるプレーも、ナダルの牙城を崩すことはできなかった。

準決勝ではナイトセッションで行われるロジャー・フェデラー(スイス)対フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」でベスト4進出を決めたナダル
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 06: Rafael Nadal of Spain returns a shot against Andrey Rublev of Russia during their Men's Singles Quarterfinal match on Day Ten of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 6, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)