カウンターで出迎えてくれるのは女将の熊坂智美さん。艶のある「いらっしゃい」の声がまたいい

遊び慣れた大人が集う街・西麻布。気になる女性を誘いたい場所ではあるが、誘うとき、もうひと押しできる要素がお店にあって欲しいところだろう。

そんな男性には雰囲気抜群の古民家でしっとりと和食を味わえる『葡呑』がいいだろう。

ワインと旬の食材を使用した和食のマリアージュ、その味を引き立てる空間、その全てが男女の仲を近づけてくれるはずだ。



西麻布の交差点から徒歩1分。大通りから一本裏路地に入っており隠れ家感もたっぷり
「西麻布の交差点まで」
六本木からタクシーで向かいたい

古民家を改装して造られた、ノスタルジックな雰囲気が漂う一軒家ワインバー『葡呑』。六本木駅で待ち合わせをして、タクシーに乗り込み「西麻布の交差点まで」と伝えれば、店はすぐそこ。

女性には六本木のお店に行くと思わせておくのもいい。もし、誘い文句が必要ならば『葡呑』の店内の雰囲気を伝えれば、食いつきは格段に上がるだろう。

店の前に到着すると出迎えるのは年季を感じる引き戸。その佇まいはどこか懐かしく、一見入りにくそうに思うかもしれないが、なぜかすんなりと扉に手が伸びてしまう。



1階席から見る2階席の様子も趣があり一興
扉を開けて中に入れば
非日常と日常の狭間のような空間

店内に入り「いらっしゃい」という声のする方向へと目を向けていくと、カウンターに着物に割烹着姿で立つ女将に目を奪われる。

そして視線を上へと移していけば、吹き抜けの2階席とともに重厚な梁、障子など空間に圧倒されるだろう。



1階奥にある階段を登ると、2階席。奥には個室も備える

早めに予約をすれば、席の指定もできるので、できれば人気の2階席をリザーブしておきたいところ。

女性のリクエストを聞きながら席を決めるのもいいだろう。ふたりだけで、しっぽりできる空間を愉しもう。



「炙り〆鯖」。砂糖で水分を抜いてから、塩をあて、その後、酢でしめるという仕事が施された鯖は、それだけでもさっぱりとした口当たりだが、さらに炙ることで脂を落としつつ香ばしさもプラス。こちらには、「アルザス・ピル サンスフル(白)」などを合わせてみてはいかがだろう
鮮魚の味が最大限に活かされた
絶品和食にワインが進む

そんな誰もが懐かしさを感じる空間で味わうのは、オーナー・中湊さんが手がける和食と豊富に揃うワイン。実は中湊さんは、何十年も続く老舗鮮魚店の三代目でもある。

幼い頃から培った確かな目利きと、築き上げた人脈、知識を総動員して仕入れる鮮魚は、どれも間違いない美味しさ。他店では、入手困難な珍しい魚にも出会えることがあるといのも嬉しい。

そして『葡呑』という店名の通り、ワインの品揃えの豊富さも同店の魅力。グラス1杯からオーダーでき、料理ごとにあれこれと色んなワインを試してみたくなってしまう。


こんなしっぽりした雰囲気なら、和食にワインがいい。



「マンボーの腸と万願寺唐辛子」。さっと表面を湯引きして刺身でも味わえるほど新鮮なマンボーの腸を使用。独特のコリコリ食感を残して調理されたマンボーの腸は、しょっつるのみで味付け。ぜひ食べて欲しい逸品だ。ワインは「キュヴェ・チュピト 2015(白)」をセレクト

今回ご用意いただいたのは「炙り〆鯖」と「マンボー腸と万願寺唐辛子」、「穴子と花おくらの天ぷら」の3品。

品書きは毎日少しずつ仕入れ状況によって変更が加えられ「お、もうこんな時期か……」と、メニューを見ながら季節の移り変わりを感じることができるだろう。

そして料理を口に運べば中湊さんの丁寧な仕事ぶりを感じ、じっくりと味わい尽くしたくなる。



「穴子と花おくらの天ぷら」。ヌメッとした食感のおくらの花が、ふっくらとした江戸前穴子をひきたててくれる。シラー100%でさらりとした飲み心地の「マゼル・ローズ」ならば、油をさらりと流してくれる

種類豊富なワインに目移り必至の同店。もちろん今回の料理に合わせたワインを試してみるのもいいが、お店ではその日感じたまま、自分の好みのワインをオーダーするのがいいだろう。

あまり知識がなくても、好みを伝えればマッチしたものをスタッフが用意してくれる。



席も一人飲みに最適なカウンター、1・2階席のテーブル席、個室を揃え、さまざまなシーンで利用できる。

デートだけでなく、接待や会食でも重宝するだろう。