煌めき☆アンフォレントのリーダー・西ひよりが、全国ツアー大阪公演後に愛知・DIAMOND HALLでのワンマンライブへの思いなどを語った

写真拡大

三重県発のアイドルグループ・煌めき☆アンフォレントが9月3日、「煌めき☆アンフォレント1st全国ツアー 〜太陽≦スターチューン〜」の大阪公演を開催。アメリカ村の「FANJ twice」で、超満員の会場を熱狂させた。

【写真を見る】西ひより「夢が、目標が私の10代最後の日に叶います!」

ライブを終え、すでに先を見据えるメンバーを待つのは、9月18日(月)のツアーファイナルとなる愛知・名古屋のDIAMOND HALLでのワンマンライブ。

このワンマンライブは、リーダーの西ひよりの生誕祭でもある。そこで、大阪公演を終えた西に、“DIAMOND HALL”という会場への思いや、ライブへの意気込みなどを語ってもらった。

西は「ダイアモンドホールは、私がアイドルとして初めてワンマンライブをやった場所です。もう1度、ダイアモンドホールでワンマンライブがしたいと思い、キラフォレに入りました。そして、そんな思いがグループの目標になっていました」と、DIAMOND HALLに対する気持ちを明かす。

そして、「遂に、その夢が、目標が、9月18日に、私・西ひよりの10代最後の日に叶います。最近は、ダイアモンドホールでのツアーファイナル公演を想像すると、感動と感謝の気持ちで胸が熱くなり涙まで溢れ出てきます」と熱い思いを口に。

さらに、「ハタチの生誕祭も兼ねてのツアーファイナル公演。そして、『結成1、2年では叶わない』と言われていたダイアモンドホールでのワンマンライブ。だから、1人でも多くの方に見にきてほしい。離れちゃった方も、もう一度見にきてほしいと思います。今の私たちの“煌めき”を、しっかり目に焼き付けてください。本気でぶつかりに行きます」と、興奮気味にメッセージを送った。

なお、DIAMOND HALL公演には、ゲストとして愛乙女☆DOLL、26時のマスカレイドが出演する。