強気のバンダウェイがアメリカ勢3人目のベスト4へ[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)女子シングルス準々決勝で、第20シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)と第1シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が対戦。7-6(4)、6-3でバンダウェイが勝利し、今大会アメリカ勢3人目、そして自身初の全米オープン準決勝進出を果たした。

第1セット、緩急をつけたサーブで果敢に攻めるバンダウェイ。落ち着いたプレーをするプリスコバに対し、第3ゲームをブレーク。その後、第8ゲームをプリスコバがブレークし、両者一歩も譲らずタイブレークまでもつれ込むが、最後は7-6(4)とバンダウェイが第1セットを先取。

第2セットも、先にブレークしたのはバンダウェイ。強気のプレーを続け、昨年準優勝のプリスコバを追い詰める。プリスコバもすぐにブレークを返すが、バンダウェイの勢いは止まらず、6-3で第2セットも連取し勝利を決めた。

地元の大きな声援を受け、大胆なプレーを展開したバンダウェイに対し、粘りを見せたプリスコバだったが、最後はバンダウェイの勢いを止めることはできなかった。

準決勝ではナイトセッションで行われるマディソン・キーズ(アメリカ)対カイア・カネピ(エストニア)の勝者と対戦する。

(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」初の準決勝進出を果たしたバンダウェイ(4回戦のときのもの)
NEW YORK, USA - SEPTEMBER 4: CoCo Vandeweghe of the United States gestures during Women's Singles round four tennis match against Lucie Safarova (not seen) of Czech Republic within the 2017 US Open Tennis Championships at Arthur Ashe Stadium in New York, United States on September 4, 2017. (Photo by Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty Images)