故障中のマレーが、今季ふたたびプレーする可能性は低いと発言

写真拡大

 アンディ・マレー(イギリス)が腰の故障のため、今シーズンにふたたびツアーでプレーすることはありそうもない、と言っている。世界2位のマレーは、来たる北京と上海での大会を欠場することになると明かし、そのあとのウィーン、パリの大会でも、出場を断念する可能性は極めて高い、とした。

 自らのフェイスブック・ページ上のコメントで、マレーは腰の故障を専門とする医師の診察を受けたと告げ、これが、「長い目で見た将来のために最良の決断である」と書いた。

 マレーは、それでも11月7日にスコットランド・グラスゴーで行われる対ロジャー・フェデラー(スイス)のエキシビションマッチではプレーするつもりであると言う。

 マレーは、全仏オープンの準決勝の試合中に悪化し、彼のウィンブルドンでのプレーに影響を与えた腰の故障のため、全米オープン出場を大会開始直前に取り消していた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は今シーズンの残りの大会の欠場を示唆したアンディ・マレー(イギリス)(写真◎Getty Images/全米前の練習で撮影)
Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 26: Andy Murray of Great Britian walks onto the courst during a practice session prior to the US Open Tennis Championships at USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 26, 2017 in New York City. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)