今夏の移籍史上の終盤に、移籍金450万ユーロで2部デュッセルドルフからハノーファーへと移籍したイフラス・ベブー。昇格組での今季の飛躍をめざすトーゴ代表が語る・・・

…足首の負傷の回復具合
幸運にも、思っていたほどひどくはなかったよ。練習はできているし、ヴォルフスブルク戦に間に合うか様子見というところさ。

…自身の成長について
まだまだこれからだよ。今からブンデス1部での戦いがまっているし、求められるものはさらに高いものになっていく。そこで自分の存在感を示したいところだね。

…トーゴ出身選手のブンデスリーガは決して多くありませんね。ムラパやトゥーレら、これまで4選手のみです
あとサルーのことも知っているよ、ただ直接の知り合いというわけではないけど

…トーゴ代表は現在FIFAランク113位
多くの選手が国内やアフリカのなかでプレーしている。でも良い形でこれているとは思うよ。一番有名な選手はエマニュエル・アデバヨールだね。彼はチームをとてもうまくまとめているし、学ぶところはとても多いんだ。

…母国トーゴについて
できるだけチャンスがあれば行くようにしている。あそこにはまだたくさんの親戚がいるんでね。会うのはいつだって嬉しいものだよ

…デュッセルドルフからの移籍について
とても難しい決断だった。複雑な気持ちだったよ。でももっと上を目指して挑戦したい、そう思ったから今回の決断を下したんだ。

…ブンデス1部で期待すること
2部はとてもフィジカルだったけど、ブンデス1部はどんな感じだろうね。僕の武器はスピード。できるだけ多くの出場機会を得られるようにがんばるよ。両ウィングでプレーするのが得意なんだ。そこが本職だね。

…ハノーファーの印象について
街についても環境についてもまだよくわからないんだ。でもこれから知るための時間はあるからね。

…プライベートについて
僕にとって家族は本当に大切なものだ。両親は僕のことをとてもサポートしてくれているよ。僕は静かなタイプで、ピッチ外では友人らと出かけるのが好きなんだ。だからデュッセルドルフを後にするのは辛かったけど、でも多分僕たちはお互いに行き来できると思う。あとよく聞く音楽はR&Bだね。