藍苺評測はSNSで北京市の高級五つ星ホテル5社の問題を告発した。客室の掃除において、ベッドシーツを交換しないなどの問題があったという。資料写真。

写真拡大

2017年9月5日、新京報によると、五つ星ホテルの衛生問題に北京市旅行委員会が回答した。

中国の独立評価機関・藍苺評測は4日、SNSで北京市の高級五つ星ホテル5社の問題を告発した。客室の掃除において、ベッドシーツを交換せず、浴室や便器、コップの掃除を怠っているという内容だ。

発表の翌日、北京市旅行委員会は藍苺評測の発表を受け、指摘されたホテル5社を呼び出し、聴取を行ったことを発表した。(翻訳・編集/増田聡太郎)