まずは小物から、秋を取り入れるテクニック【Enjoy Fashion!】

写真拡大

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。9月、着るものに悩みがちな季節の変わり目。まだ暑い日はあるけれど、いつまで真夏の服装のままでいいのか気になり、ちょっとそわそわ気分が落ち着かない人も多いはず。
「9/10まではOK!」「秋分の日までは、OK!」と、いろいろな自分ルールを耳にしますが、実際、気になり始めたその時が変えるべきタイミングかもしれません。
まずは小さな面積から、じわじわ攻めていきましょう。おすすめはシューズやバッグからの変化。夏を象徴するアイテム"サンダル"や"かごバッグ"にはもうサヨナラです。
印象がグッと変わる、温かみのある素材に注目
注目したいのは、この秋の代表とも言える"ベロア素材"。クラシカルな雰囲気が主流のこの秋、ブラウスやスカートなどいろいろなアイテム出ていますが、もちろん、バッグやシューズも例外ではありません。温かみのある起毛素材は、わかりやすく季節感をプラスしてくれるので、1つ取り入れるだけでも十分印象は変わります。
例えば、"ボーダーTシャツにロングスカート"と言う今年らしい夏のスタイルでも、ジュートソールのサンダルがベロア素材のパンプスに変わったり、ストロー素材のかごバッグがベロアのトートに変わったりするだけで、一気に秋の雰囲気です。
起毛素材といえばスウェードもおすすめ。いまやオールシーズンOKの素材なので、あまり変化がつかないという人もいるかもしれませんが、その場合、深く温かみのある色を選んでみてください。
ファーのアイテムをプラスするのもいいですが、今のタイミングだと、結構ハードなオシャレ感が放たれるので、シチュエーションを間違えないように。
秋と夏で違う、素材・色合いバランスに注意を
注意しなければいけないこともあります。例えば、透け感のある薄手のコットンなど、涼し気で夏の雰囲気が強い素材のアイテムに、秋らしい素材の小物類を合わせるのは無理があるので避けたいところ。
そして、色のテンションの違いにも注意が必要です。例えば、同じイエローでも、秋の色味と夏の色味は違うものです。夏のイエローに、秋色のベロアパンプスを合わせると、違和感が出てしまいそう。そのあたりのバランスにも注意しながら、今しかできない夏・秋MIXのファッションを、楽しんでくださいね。
イラスト・米山夏子
>>「EnjoyFashion!」をもっと読む