洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…。雨に濡れてしまった洗濯物の正しい処置の仕方をご紹介します。

雨に含まれるチリやホコリが洗濯物についてしまう

朝、外に洗濯物を干したまま出掛けたら、なんと夕方から雨。せっかくキレイに洗った洗濯物が台無しに…なんて経験、ありませんか? この雨に降られてしまった洗濯物、もう一度洗うべきか悩むところ。少し雨に降られたくらいなら、そのまま部屋で乾かしても大丈夫のように思えます。

実はこの洗濯物、もう一度洗い直した方がいいんです。雨は決してきれいな水というわけではなく、空気中のチリやホコリが混ざった、いわば汚れた水。雨で洗濯物が濡れたということは、こういった汚れが洋服についてしまっているということなんです。洗わずに再度乾燥させると、シミや汚れが浮き出てきたり、雑菌によって臭いが発生する可能性も。もう一度洗うのが大変なら、せめてすすぎだけでも行うと、その後の衣類の汚れやダメージが軽減されます。

不安定な天気の日は潔く部屋干しを選んで

少しでも太陽が出ていると、外に洗濯物を干したくなりますが、後から天気が崩れそうといった予報が出ている日は、潔く部屋干しを洗濯するのも手です。部屋干しというと、うまく乾かないと生乾きのイヤな臭いがしてしまうというリスクもありますが、コツをつかめば大丈夫。生乾きのイヤな臭いの原因は、肌にもいる常在菌「モラクセラ菌」が繁殖するから。この菌は湿気が大好きなので、洗濯物が乾くのに時間がかかるほど、繁殖してしまいます。そのため、生乾きの匂いを防ぐためには、部屋干しでも短期間に洗濯物を乾かせば、イヤな匂いを防ぐことが可能です。

まず、やりがちですが、カーテンレールに衣類を干すのは避けましょう。窓の湿気や結露で繁殖したカビはもちろん、カーテンの汚れが衣類に移る場合があります。
洗濯物を家の中で干すなら、お風呂場がおすすめです。使用後に湿気がたまりやすいお風呂場には、必ず湿気を逃がす換気扇がついているはず。洗濯物を干すと湿度が上がりますが、換気扇をかけておけば湿度を下げることができ、速く乾かすことができます。浴室乾燥機があればベストですが、なくても除湿機を持ち込んでかけたり、扇風機の風が、乾くのが遅い衣類の下の方に当たるようにすると、水分が速く蒸発して乾きやすくなります。
リビングで洗濯物を乾かすなら、物干しラックなどに衣類を干し、エアコンをかけっぱなしにしましょう。扇風機を併用するのもおすすめです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと