みなさんは、そんな気はなかったのについつい許してしまったことはありますか? 気持ちも言葉も「ダメ!」と言っているのに、体だけOKサインを出しちゃうことってありますよね。今回は女子たちに、ダメのつもりが「ついOKしちゃった男のズルい誘い方」の経験談を聞きました。

1:聞き上手からの…!

「出会ったばかりの男性の家に遊びに行ったときの話です。そういうつもりはなかったのですが、入ってすぐに手を出そうとしてきて……。

もちろんキッパリと拒絶しました。普段から、ちゃんとそういうのは断れるんですよね、私。ところが、この日は……。

添い寝すら許さなかった私は、自分だけベッドに横になり、くつろぎモード。彼はとても素直に引き下がったから、“いい人だな”と思って、ついつい心を許しちゃって、日頃の愚痴だとかをボロボロと。

聞き上手だったんですよねー、その彼。“そうか、そうか。そりゃ大変だな”とか言ってくれるだけなんですけど、ベッドに腰掛けながらも、私が話しているときは、体をちゃんと正面に向けてくれて。好感がもてました。

でも“聞いてくれてるだけだな”とも思っていたんです。自分の意見は言わないから。それでも話すのは気持ちいいから、愚痴を言いまくって。さすがに喋り疲れてシーンと無言になったその一瞬!

“かわいそうになぁ……”

という言葉とともにキス。なぜか受け入れてしまった私……。ズルいな〜と思ったけど、ちょっと好きになってしまいました。彼のこと。女って弱いですよね」アミ(仮名)/25歳

2:いきなりガバッと!

「みんなで家飲みしてたときの話です。男友達の実家だったんですけど、親が出かけているらしく、一軒家が使い放題。酔いに酔って、気づいたら雑魚寝な感じだったのですが、私は家主の彼が子どもの頃使っていた部屋のベッドを確保し、ひとりでスヤスヤと眠っていました。

そこに男友達がひとり入ってきて、まぁよくLINEもするし仲良しではあるのですが、私の隣に寝ようとするじゃないですか!

“ちょっとなに!”とどかしたのですが、“マジ、寒いから! なにもしないから、布団入れてよ!”と懇願するので、仕方なく、ベッドに入れてあげました。

すると、背中向きに寝るという約束だったのに、なんかちょいちょい背中をさすったり、首をさわったり、太ももに手をおいたり……。

そのたびに“やめて!”と低く強い口調で手をどかしていたのですが、まぁしつこい……。酔っていたし、私もなんとなくそういう気にはなったのですが、関係が関係だし、絶対ダメだと決心して、拒み続けていました。

やっとおとなしくなったかな……? 寝たのかな……? そう思った、そのとき! 軽く触ってこちらの反応を確かめる感じではなく、いきなりガバッと私に抱きつき、そのまま思いっきり体を求めてきたのです!

私はそうされて、そのときなぜか、同じように思いっきり彼に抱きつき、同じように彼を求めてしまいました……。

自分的にかなり衝撃の事件だったのですが、そのあとその彼がちゃんと告白してくれて付き合うことになったので、結果的にはよかったです」ミク(仮名)/26歳

ダメのつもりがついOKしてしまったエピソードを2つご紹介しました。いかがでしたか?

頭で考えていることと、心と、体と、どれがホンネなのか、自分でもわからなくなるときってありますよね。それを教えてくれる男子が、女にとって「イイ男」なのかもしれません。