メッシの至極の又抜き

写真拡大

ピッチ中央付近にいたレオ・メッシは絶妙なタッチでボールを奪いにきたムリージョの股を抜いて交わしている。メッシのこのプレーは見慣れたもののようにもみえるが、同選手のクオリティーの高さを再び証明する形となっている。なお、アルゼンチン代表の中心であるメッシは常にボールを要求し、決定的なチャンスを作り出していた。

しかし、そのメッシでもベネズエラ戦で母国を勝利に導くことはできず、アルゼンチン代表のロシア・ワールドカップ南米予選での迷走は未だに続いている。