中村憲剛が“人類最速男”と夢の共演 電撃訪問に感激「一生自慢できる素晴らしい時間」

写真拡大

ボルトとパス交換やリフティングを行い、「冷静に考えたら凄いことだな…笑」

 陸上の男子100、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が6日、J1川崎フロンターレの練習場を電撃訪問。

 競技を越えて実現した“共演”に、MF中村憲剛は自身のブログに「一生自慢できる素晴らしい時間でした‼︎」と綴っている。

 中村は6日に「ウサイン ボルトさん」のエントリーでブログを更新。“人類最速男”と称され、陸上の男子100、200メートルの世界記録保持者であるボルトと邂逅したことを報告した。

「今日はなんとなんとなんと陸上男子100m.200m世界記録保持者であるあの世界最速男ウサイン ボルトさんがフロンターレの麻生練習場を電撃訪問してくれました」(原文ママ)

 ブログでは、お互いにサムアップしながら笑顔で映る2ショットのほか、パス交換やリフティングを行うカット、そしてチーム全員でボルトの代名詞である「ライトニングポーズ」による集合写真も公開され、「まさか本物に会えるとは…しかも麻生で…。そのうえパス交換してさらにリフティングまで一緒にできるなんて…。冷静に考えたら凄いことだな…笑」と夢のような出来事を振り返っている。

「刺激を受け、また明日から頑張れます」

 ボルトはスポンサー契約を結ぶメーカーイベントのために来日。8月の世界選手権で引退後、初めて日本を訪れ、5日には京都で舞妓二人に両脇を挟まれた3ショットをインスタグラムに投稿するなど滞在を満喫していたが、マンチェスター・ユナイテッド好きを公言するなど大のサッカーファンであることも手伝って今回の電撃訪問が実現したようだ。

 中村は「一生自慢できる素晴らしい時間でした‼︎ 超一流のアスリートであるボルトさんからの刺激を受け、また明日から頑張れます。ボルトさん、訪問、激励本当にありがとうございました‼︎」と感謝の言葉で記事を締めくくっている。

 中村にとって、川崎の面々にとって、同じアスリートとして大きな刺激を受ける一日となったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】川崎を訪問したボルトが公式インスタグラムで紹介した舞妓と“共演ショット”

 

Hublot in Kyoto, Japan

Usain St.Leo Boltさん(@usainbolt)がシェアした投稿 -

川崎を訪問したボルトが公式インスタグラムで紹介した舞妓と“共演ショット”

https://twitter.com/yusuke_tasaka/status/905385034026147840

田坂祐介が公式ツイッターで紹介したボルトの電撃訪問の様子