ちょっとした心がけ。「痩せる部屋」の作り方とは?

写真拡大 (全4枚)

部屋が散らかっている人は肥満になりやすいという話を聞いたことはないでしょうか?部屋を片付けることで痩せ体質になることができるんです。そこでいくつかのポイントを抑えて痩せる部屋作りをしてみましょう。

掃除

普通に生活するだけで痩せるなんて夢のような話ですね。
ですが簡単に痩せる部屋を作ることができます。

まずは掃除です。

部屋が汚いことでストレスが溜まりやすくなります。

ストレスが溜まることでストレスホルモンが過剰に分泌され過食に走ってしまうので、部屋が汚い=肥満になるというのは医学的にもわかっていることです。
いらないものはこの際捨てて、部屋も体もスマートになりましょう。
モノを減らすことで掃除や整理整頓が楽にできるようになるので出来るだけ綺麗な部屋を持続させるためにも捨てるということが大切です。

寒色系にこだわる

お部屋のメインカラーを寒色系にすることで食欲を抑える効果があります。

赤やオレンジ、黄色などの暖色系は逆に食欲をそそる色なので、痩せる部屋を作るのであれば注意が必要です。
カーテンやラグなどを寒色系にするのもいいですし、手軽なものであれば食器を寒色系にするのも効果的です。

テレビの位置

痩せる部屋を作るのであれば毎日寝るスペースである寝室にはテレビをおかないようにしましょう。

ワンルームであればベッドからテレビが見えないように配置替えしましょう。
テレビから出る光や電磁波を浴びることで体を休ませることができなくなり、太りやすくなってしまいます。

通勤時間

通勤は電車ですか?バスですか?それとも車ですか?
普段の通勤の中で一駅だけ歩いてみる、遠回りして帰るなど歩く工夫を取り入れてみましょう。

最初に物件を選ぶ時に駅近くなどはとても便利ですが、あえて駅から離れたところにすることで歩く機会が増え、家賃も安くなることが多いのでメリットが増えます。

 

すぐにでも始められる痩せる部屋作りなので実践するのも簡単ですね。
掃除や配置などを工夫してスマートな生活を手に入れましょう。

 

関連記事

知っているようで知らない「断捨離」の意味と、その効果とは

必要最低限のシンプルな暮らしを。最近よく耳にする「ミニマリスト」とは