iPhoneに簡単装着、その場で写真をシェアできる

写真拡大

ワイヤレスオーディオおよびスマートフォンアクセサリーなどを手がけるバリュートレード(東京都豊島区)は、米「PRYNT」製のiPhone用プリンター「PRYNT POCKET(プリント・ポケット)」を2017年8月30日に発売した。

インク不要の専用ペーパーを使用

「Prynt」アプリをインストールしたiPhoneに取り付けてシャッターボタンを押すだけで、インスタントカメラのように撮影したその場で簡単に写真をプリントできる。インク不要で裏面がシールになっている専用ペーパー「ZINKプリント用紙」を使用。プリントに要する時間は約20秒。

ラバー製で手になじむ形状のグリップ、シャッター、ズームダイヤル、ストラップホールを備える。フル充電で約20枚の写真をプリントできるバッテリーを内蔵し、iPhoneからの電源供給は不要。付属のmicroUSBケーブルで充電を行う。

また、プリントした写真を「Prynt」アプリでスキャンすれば、AR(拡張現実)による動画再生が可能だ。

対応機種はLightningコネクターを搭載したiPhoneシリーズ。「ZINKプリント用紙」10枚が付属する。カラーはクールグレー、グラファイト、ミント、ラベンダーの4色。

価格は1万9880円(税別)。