音楽、書道、武術、写真展−ベルギー西部にある小都市ポペリンゲ市の中心部が、大きな中国文化の中心地となった。

写真拡大

音楽、書道、武術、写真展−ベルギー西部にある小都市ポペリンゲ市の中心部が、大きな中国文化の中心地となった。現地時間9月3日午後、第一次世界大戦中に同市で貢献した中国人労働者を記念するイベントが、同市で盛大に開かれた。人民網が伝えた。

【その他の写真】

今回のイベントは、在ベルギー中国大使館とベルギー・西フランデレン州ポペリンゲ市政府が共同で開催した。同市のChristof Dejaegher市長は、「第一次世界大戦中、中国から欧州の前線に多数の労働者が派遣された。彼らは、塹壕を掘り、補給物資を運搬し、道路・橋を補修し、負傷者を救助し、戦場を片付け、地雷を除去するなどして英仏軍を助けた。さらに、ベルギーの戦場で犠牲となった労働者もおり、彼らの多大な貢献は、後世の人々に語り継がれるほどに値するものだ」と祝辞を述べた。

挨拶に立った曲星・在ベルギー中国大使は、「今回の『神聖なる労働者・中国文化デー』イベントは、かつてヨーロッパの平和のために犠牲となった、あるいは大いに貢献した第一次大戦中の中国人労働者を記念する目的で開催された。中国・ベルギー全方位型友好協力パートナーシップ関係に、また一つ重要な記録を残すことになるだろう」と話した。

1916年から1918年まで、約14万人の中国人労働者はヨーロッパに赴き、労働力不足が切迫していた連合国軍のために戦場の後方支援人材を提供した。うち約1万2千人は、ベルギーとフランスの国境地域で持ち場につき、戦争初期の重要時期における中心的な戦力となった。1917年11月15日、ドイツ軍はポペリンゲ市ブルーベン村にある英軍基地を爆撃し、英軍の後方支援についていた中国人労働者13人が犠牲となった。

同日開かれた「神聖なる労働者」写真展では、中国人労働者史を専門とするベルギーの著名研究者Philip Vanhaelemeersch氏が、第一次大戦中の中国人労働者の称賛に値する歴史について、来場者に紹介した。同氏は、人民網の取材に対し、「中国人労働者は、第一次世界大戦の勝利に多大な貢献をした。だが、これほどの貢献が、いまだに相応の認可を得られていない。今日このようなイベントが開かれたことで、世間の人々が彼らのことをより深く心に刻みつけてくれることを願っている」とコメントした。

「ブルーベン村爆撃100周年」を記念するために、在ベルギー中国大使館は今年、ポペリンゲ市に中国人労働者記念像を建立することを決めた。この像はブロンズ製で、塹壕を掘る労働者、砲弾を運搬する労働者、担架を担ぐ労働者という3種類のイメージで構成される。3種類の記念像は互いに独立し、高さはいずれも1.8メートル、台座部分を入れると約3メートルになる。今年11月15日に落成式が執り行われる予定。(提供/人民網日本語版・編集KM)