赤字家計で貯蓄もまったくないため、とにかく頑張って節約してみた。しかし、ただやみくもに節約しても、結局は無理が出て、長続きせず元に戻ってしまう。

写真拡大 (全3枚)

無駄な支出と必要な支出を見分けよう

赤字家計で悩む人のマネー相談では、それなりにシビアな家計の見直し、節約をしないと解決が難しいケースが、やはり多くなります。

しかし、生活すべてを切り詰めると息が詰まるので、毎月貯蓄ができるようになれば予算を決めて息抜きもしましょうと、多くはそうアドバイスをします。すると、「えっ、使ってもいいんですか?」とうれしそうに聞き返す相談者が大半なのです。

脱・赤字家計に失敗した経験のある人は、生活費すべてを節約しなくてはと思いがち。しかし、実際は「削れる支出=無駄な支出」と「削れない支出=必要な支出」があるのです。そして、継続的に貯蓄している健全な家計は、その判断が上手な家計だともいえるでしょう。いわば、何でもかんでも切り詰めるのではなく、メリハリのある家計が、目指すべき理想なのです。

かつて、マネー相談で私が取材した広島市に住む小川敏美さん(仮名・42歳)は、そんなメリハリ家計の典型でした。小川さんは、ご主人(42歳)と高校1年、中学1年の2人の息子さんとの4人家族。家族の年収は手取りで648万円。それ以外に児童手当が月1万円ありましたから、実質は660万円となります。一方、貯蓄は毎月19万円、ボーナスからは全額の60万円、トータルで年間288万円と実に大きな額になっていました。

では、この家計がどこにメリハリがあるのか。実際の家計データから見ていきましょう。

■小川さんの家計データ

帰省や子どもの教育はケチらず、予算100万円!

毎月の家計では、住宅ローンの9万6000円と教育費の5万円が、まずは「削れない支出」となります。

また、これらとは別に、大事な支出があります。それが、帰省費用。ご主人の実家が熊本県、奥さんが北海道とともに遠方ですが、それぞれ年2回帰省するのが小川家の恒例行事であり、家族全員の楽しみでもあるのです。加えて、進学塾の夏期講習や部活動など、何かと臨時の支出が多い息子さんたちの教育費も、もちろん必要な支出。それらには対しては別途、年間100万円の予算を組んでいるので、年間貯蓄268万円のうち1年後に残るのは170万円ほど、ということになります。

しかし、この170万円も全額が余裕資金にはならないといいます。住宅ローンは、過去に繰上返済もしましたが、それでもまだ1440万円の残高があります。教育費も、学資保険には加入していないため、大学費用はすべて貯蓄から捻出しなくてはいけません。老後資金も同様です。

したがって、小川さんは「削れる支出」はできる限り削っています。食べ盛りのお子さん2人を抱えて、月4万5000円は料理の工夫、節約意識がないとできない金額です。外食はここ数年一度も行かず、夫婦とも職場へは弁当持参。お米や野菜はときどき実家から送ってもらうそうです。

また、普段から衝動買いは一切せず、趣味は断捨離。家からモノがなくなると、さらに節約意識が高まるのだとか。その効果か、4人家族で小遣い2万4000円や雑費2万円という金額。十分に抑えられています。「別に私は何も言わないのに、夫も子どもたちもモノを欲しがらないんです」と小川さんは笑っていました。

自分たちに必要ではない支出を削ることができれば、逆に必要な支出は使うことで不安やストレスをためない。その判断、バランス感覚こそが、貯蓄を長続きさせる大事なポイントなのです。

■メリハリ家計の考え方

(文:清水 京武)