【インタビュー】アクロス・ザ・アトランティック、これが“最後作”と覚悟を決めた“デビュー作”

写真拡大

テキサス州の5人組、アクロス・ザ・アトランティックのデビュー作『Works Of Progress』がリリースとなった。自主制作を続けてきた彼らが、最後のアルバムになるかもしれないと強い決意をもって臨んだ作品だ。ボトムの強いサウンドながらも、フック満載のキャッチーなフレーズとシンガロング・パートが随所に盛り込まれたジャンルレスな渾身作となっている。リリースを前にボーカルのジェイ・マルティネスに話を訊いた。

──まずはバンド名の由来から教えてください。“大西洋を越える”という意味をもっていますが…。

ジェイ・マルティネス:アクロス・ザ・アトランティックというバンド名には、覚えやすいキャッチーさがある。それにメンバー各々のルーツにも関係していると思ったんだ。僕たちはメキシコ、日本、フィリピン、アイリッシュなど、それぞれ違うルーツや文化を持っている。それにアクロス・ザ・アトランティックの音楽が大西洋を越えて世界に広がって欲しいっていう想いも含まれているよ。

──結成の経緯が興味深いですね。

ジェイ・マルティネス:普通なら近所の友達同士でバンドを結成したりするケースが多いけど、僕たちは全く異なる方法で集まっている。アクロス・ザ・アトランティックは、僕がコミュニティ・サイトのクレイグリスト(Craigslist)にメンバー募集を出したことがきっかけで結成されたんだ。

──バンドが拠点としているテキサス州のサン・アントニオの音楽シーンはどういうものですか?

ジェイ・マルティネス:サン・アントニオはメキシコの国境に近い都市だから、ヒスパニック系の音楽の影響を強く受けていると思うな。それに大きなメタル・シーンも存在している。最近だとデスコア・バンドのUPON A BURNING BODYが活躍しているし、他にもBACKWORDZや、DARKNESS DIVIDED、CHARCOL TONGUEが人気だね。

──アクロス・ザ・アトランティックよりもヘヴィな音楽性のバンドが多いですね。

ジェイ・マルティネス:うん、僕たちよりもずっとヘヴィで獰猛なバンドがシーンの中心にいるんだ。僕たちは特定のジャンルに縛られることなく、自分たちが影響を受けてきたものをオープンマインドで採り入れていたから、少し異端児のような存在だった。ライブ活動を始めた頃は、空っぽのフロアに向かってプレイする日々だったよ(笑)。保守的なメタル・ファンは僕たちのような歌モノのサウンドを求めていなかったからね。でも、地道にライブを続けツアーにも出ることでファン・ベースを作り出すことができた。今ではアクロス・ザ・アトランティックに近いサウンドのバンドもサン・アントニオでは活動しやすい状況になったんじゃないかな。そういうシーンが生まれるきっかけになれたことは素直にうれしいね。

──今作『Works Of Progress』は、レーベルからのリリースになりますね。

ジェイ・マルティネス:そうだね。でも制作中はまだレーベルに属していなかった。自分たちでレコーディング費用に2,000〜3,000ドル(約22万円〜33万円)は投じているけど、個々のメンバーがポケット・マネーで支払うのに容易な額じゃない。当時、僕自身も大学卒業を控えていて将来のことと向き合わないといけない時期だった。子供から大人に変わる分岐点に立っていたんだ。学生ローンの支払いや生活費のことを考えていると、アクロス・ザ・アトランティックを続けることが難しくなるって感じていた。だから、最後の作品になると思って全力を尽くしたし、正直な気持ちを歌詞にも取り入れた。他のメンバーも持っているもの全てを注いでくれていると感じたよ。僕の気持ちに薄々気付いていたんじゃないかな。だから、自分たちのために作ったアルバムが突然レーベルに認められるなんて不思議な気分だったよ。