学生の窓口編集部

写真拡大

2017年7月期のテレビドラマで話題になっているのが、水曜夜22時放送の「過保護のカホコ」。過保護な親のもとで大学生まで育った箱入り娘が、さまざまな経験をしながら成長していく姿を描いているドラマです。過保護の象徴のような主人公ですが、リアルな大学生の親にはどのくらい過保護な親がいるのでしょうか? 今回は現役大学生のみなさんに、自分の両親は過保護だと思うかどうかを聞いてみました。

■自分の両親は過保護だと思いますか?

あなたのカリスマ性診断! 隠れた魅力を発見しよう

はい 132人(32.7%)
いいえ 272人(67.3%)

両親が過保護だと実感している大学生は約3割でした。続いて、それぞれそう実感している理由について聞いてみました。

■そう思う理由を教えてください。

<過保護だと答えた人>

●いろいろやってくれる

・いつまでもお金の援助をしてくれるので(女性/24歳/短大・専門学校生)
・高齢出産のためもあってか、幼い頃から、自分のほしいものはなんでも買ってもらえるなど、いろいろとお世話をしてもらった経験があるから(女性/20歳/大学3年生)
・洗い物や洗濯や掃除など、汚いことは私にやらせたくないみたい(女性/20歳/短大・専門学校生)
・大学卒業後も専門学校に行かせてくれるから(女性/26歳/短大・専門学校生)

●口うるさい、自由がない

・自分がなにをするにもピーチクパーチク口出ししてくるから。もう25歳なのに(男性/25歳/短大・専門学校生)
・20歳を超えても遊びに行くときは、誰とどこになにをしに行くか聞いてくるから。門限もあった(男性/23歳/大学3年生)
・「何時に帰るの?」と、父母からそれぞれ別にLINEで連絡がくる(女性/25歳/大学院生)
・行き先、出発時間、帰宅時間の目安、遊ぶ相手とその身分、交通手段、当日の服装まですべて申告し、服は用意してもらう(女性/21歳/大学3年生)

<過保護ではないと答えた人>

●自由にさせてくれている

・自由主義なので好きに活動できてそこまで過保護とは思えない(男性/22歳/短大・専門学校生)
・自分のやりたいことをさせてくれるし、門限などにも厳しくないから(女性/26歳/大学院生)
・自分のやりたいことを比較的自由に、任せてやらせてくれていると思うから。割と放任主義だと思う(女性/歳21/大学4年生)
・むしろ無干渉だと思う。夜遅くてもなにも言わないし、お泊まりもダメとは言わないから(女性/22歳/大学4年生)

●既に自立している

・大学生だから自己責任で行動している(男性/22歳/大学4年生)
・放置されているけど、そのぶん責任を持てと小学生のときに言われた(女性/22歳/大学4年生)
・大学になったら自立を促すようになった(男性/21歳/大学4年生)
・自分を尊重して、理解してくれてちょうどいい距離を保っていてくれているから(男性/22歳/大学3年生)

自分の親が過保護だと感じている人は3割くらいでした。親としてはいくつになっても子どものことが心配なのでしょう。過保護だと思う理由については、なんでもやってくれる親と、口うるさくいろいろ聞く親という2つの意見にある程度わかれていました。

いかがでしたか。過保護な親がいた一方、自立や責任感を持つことを促された人もいたように、ある程度大人に近づけば子どもが成長できるように導く親もいるようです。子どもとしても自分を信頼し、尊重してほしいときもありますよね。過保護がいいのかどうかはわかりませんが、親とはお互いにいい関係を保っていたいものです。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年8月
調査人数:大学生男女404人