各種メディアで連日報じられている北朝鮮問題。多くの政治家や専門家は、対話や平和的解決を呼びかけています。しかし、無料メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリストの宮脇睦(みやわき・あつし)さんは、「多くの日本の政治家とマスコミはお花畑状態だ」と厳しく批判。さらに北朝鮮が示唆しているという「電磁パルス攻撃(EMP攻撃)」の恐ろしさについても詳しく記しています。

国防の最大の弱点は国会とマスコミ

北朝鮮が「水爆実験」を実施し、半島有事はいよいよもって最終段階に入りつつあります。国連安保理の決議違反であり、また米国の「選択肢」を減らす行為で、むしろ追い詰められているのは米国。

もちろん、米国にとっては体制の危機のレベルではありませんが、超大国米国への信頼と恐怖が揺らぐからです。脅しとか睨みというのは、恐怖を背景にしているから通じるのであって、攻撃してこないことがわかれば、無視すれば良いだけのこと。檻の中のライオンや虎が与えるのは、観賞用としての恐怖だけで、夜中に現れるゴキブリよりも可愛いものです。

それはオバマ前大統領が証明して見せたこと。以下は2017年4月5日付の「ニューズウィーク」の記事の引用。

シリアのアサド政権は、反体制武装勢力に対して何度も化学兵器を使ってきた。それが再び使われたのは、アサドに対する武力攻撃まで約束しながら実行しなかったオバマのせい(略)

オバマ前大統領による、いわゆる「レッドライン」宣言で、化学兵器を使用したら軍事介入するといっていたにも関わらず、使ってもスルー。ロシアのウクライナ侵攻にせよ、中国の海洋進出も、みな「オバマは腰抜け」と足下を見られたことによります。

北朝鮮に対して、このまま手をこまねいていたら、トランプ大統領も同じ評価を受けることでしょう。

優秀なビジネスパーソンでもあるトランプ大統領のこと。それが米国の国益に適うのなら、詭弁を弄しても北朝鮮のミサイル開発や核開発を見逃すでしょうが、シリアやロシア、中国と決定的に異なるのは、北朝鮮は米国を攻撃すると宣言していることです。

偶発的にせよ、それを装ったにせよ、罪なき米国国民が傷つくことがあれば米国世論が沸騰します。その時、トランプ氏にも政権にも議会にもそれを止めることはできません。

そしてあえて不気味なことを言えば、まず自国に被害が出るように仕向けることは、米国が戦争を仕掛けるときの常套手段です。日本の暗号をすべて解読しながら、真珠湾攻撃を放置したようにです。

一方、工作員といって過言ではない、国内親北派の著名人は、この期に及んでも対話や平和的解決を呼びかけます。日本政府に対しては強攻策をすべて放棄して、対話だけをしろというのは、北朝鮮の言いなりになれと言っているのに等しい。

金正恩の斬首作戦から、戦力の殲滅、経済封鎖といった強攻策を右手に持ちつつ、左手で握手するのが、すべての交渉毎の基本です。対話とは換言すれば「話し合い」。それぞれの主張を戦わせつつ、妥協点を探るためのもので、それ以前の段階で北朝鮮の望みを忖度した上での妥協から入ることを、日本語では「お伺いを立てる」と呼び、子分や部下の振る舞いです。

実際、今年に入ってから北朝鮮がもっとも大人しかったのは、米国が原子力空母カール・ビンソンと同ロナルド・レーガンのそれぞれで構成される艦隊が派遣されていたころで、まさしく「圧力」が効いていたのです。

対して引いたら押し込むのが北朝鮮。米国が態度を軟化させた途端に、ミサイルを打ち込み、間髪を入れずに6回目の核実験を強行しました。

二代目の将軍様時代からの定評でありながら、最近、誰も言わないので指摘しておきます。

「北朝鮮は外交上手」

日本のメディアは、「外交」の前に「崖っぷち」とつけたがりますが、それはそれぞれの国の外交スタイルであり、また、その評価は日本からのものに過ぎません。

北朝鮮は多くの国々と国交を結んでおり、先日来日したテリーザ・メイ首相率いる英国との間にも国交を樹立しています。

つまり、日本側からみた北朝鮮の外交は、追い込まれた果ての崖っぷちに見えても、その裏では様々な国と友好の握手を交わしており、それは逃げ道にも味方にもなる可能性を孕み、多くの選択肢のなかで日米に対して選んでいる態度のひとつが「崖っぷち(に見える)」だということです。

語弊を怖れずにもう少しかみ砕いた例えをすれば、相手が格下だと思うと居丈高に恫喝してくるタイプの人間は、会社にも学校にも近隣社会にもいて、それではこの手の人種がすべてに対して凶暴かといえばそんなことはなく、にこやかに友好の握手を交わすこともあり、つまりは日本も米国も舐められているということです。

そもそも論で、余裕をかました外交などはないことは、英国ですらEU離脱交渉で「瀬戸際外交」同然の危険な綱渡りをしていることからも明らかです。

ギリギリだとか無茶ブリのなかから最大の果実を得る、次善の報酬を得るのが外交といっても良いでしょう。

米国は自国の兵隊が傷つくことを怖れます。民意により選ばれる大統領制、議会制の長所であり弱点で、クリントンにせよ、ブッシュにせよ、緊張が極度に高まると、麻雀でいう「ベタ降り」で、その度に北朝鮮は交渉による果実を手にしてきました。そして米国に従うばかりの日本は、それ以下の扱いです。

街場の武力衝突の世界で「剣道三倍段」という言葉があります。空手や柔道などの武道で、一定レベルに達したことを証明する「段位」ですが、剣道の段持ちに「棒」を持たせると段位の三倍の強さになるいうものです。最強の武器と装備を誇る米国をこれとします。

しかし、棒を持たせなければ良いだけの話。あるいは棒を振り抜けない路地裏に誘い込んでのバトルもあります。

日頃防具とルールに守られて競技に励む剣士は、ステゴロの経験者より敏感肌だという話を耳にしたこともあります。平たく言えば殴られ慣れていないと。

人権を大切にする米国では、米兵の人権も守られなければなりません。対して、人権の感覚があきらかにない、あるいは違う北朝鮮の用兵には違いがあります。

武器を持てば最強でも、武器を必要としない肉弾戦に持ち込めば、米兵とて怖くない。一見、暴論のようですが、この理由はしばらく後で。

こんな方法もあります。

「武器を持つのは卑怯だ。まず、その棒を置け」。

真面目な日本の武道家なら、躊躇する言葉で、しばしの逡巡の後に棒を手放しものもいることでしょう。そして手放されたその棒をすかさず拾って殴りかかる輩がいるのがケンカの世界で、外交交渉に通じるものがあります。

街場の武力衝突を、外交に拡大することは、いささか乱暴ではありますが、力の本質、駆け引きの妙味からはそう遠くもなく、いわば「何でもあり」の相手に対して、対話のみでの解決は不可能といって良いでしょう。

いまだに対話のみを呼びかけるジャーナリストの青木理氏や、玉川徹テレビ朝日社員などは、日頃から安倍首相に批判的で侮蔑的で、彼らが安倍首相の外交を積極的に評価したシーンを見たことがありません。

しかし、地球儀を俯瞰する外交で、世界においてプレゼンス(存在感)を発揮しているのが、我らが安倍首相です。むしろ、安倍首相だから北朝鮮となんとか対峙できていると、私は考えます。

つまり近年希に見る外交上手の安倍首相を、そう正しく評価できない人間の掲げる北朝鮮との「対話のみ」による交渉は、悪手であるということです。イチローを正しく評価できない、ど素人による野次といってもよいでしょう。

ところが日本はこうした野次が多く、ときに大手を振って流通し、その間隙が狙われます。そして、やはり先に手を打ってきたのは北朝鮮でした。

核実験(水爆実験)の成功を報じた北朝鮮の機関紙「労働新聞」では「電磁パルス攻撃(EMP攻撃)」を示唆します。

1983年に制作された核戦争を描いた米国のテレビ映画『ザ・デイ・アフター』で、防災サイレンが途絶え、バイクや自動車のエンジンが止まり、手術室の証明が消えるシーンは、電磁パルス攻撃により想定される描写です。

高高度で核爆発を起こすと、爆発により発生する電磁パルスが地上の電子機器を破壊するというもので、細かな仕組みを省いてざっくりといえば、人為的に引き起こす「落雷」のようなものです。

日本でもときどき落雷により家電製品が壊れたという報告がありますが、それを人為的に広範囲に、そして網羅的に行えるのが電磁パルス攻撃です。

2004年に米国議会にあげられた報告によると、電力インフラが破壊され、その状態が1年間継続すると、米国民の9割が死亡するとあります。東日本大震災で長期間電力喪失が起こった我が国なら想像は容易でしょう。

発電インフラも「電気回路」を使っていて、これが落雷故障のように部品交換が必要な状態に陥れば発電はできなくなり、それは風力発電も太陽光も同じです。スマホやパソコン、その他の機器も同じですし、なにより「電気」がなければ現代社会では何もできません。オール電化の住宅はお湯すら沸かせなくなります。

はてさて、これだけなら「壮大な嫌がらせ」です。大混乱に陥るでしょうが、我が国ならば徐々にではあっても、確実に復興をしていくことに違いありません。

しかし、この混乱に乗じて北朝鮮か、あるいは「謎の工作部隊」が日本を侵略する可能性はないといえるでしょうか。

例えば謎の部隊が「日本政府は壊滅した」と流言飛語を拡散し、「治安維持」の名の下に地域を制圧し、住民を支配下に置く。電子機器の死滅は情報の断絶を意味します。これが日本全国で同時多発的に発生しても、それが戦争行為かテロか、ただの犯罪かの区別をつけることはできません。

大韓航空爆破事件の主犯、金賢姫(キムヒョンヒ)は日本人になりすますための訓練を受けていましたし、日本生まれならばそもそも論で言語の訓練は不要です。

スパイ防止法のない我が国はスパイ天国といわれ、日頃は日本人として行動する外国人も少なくありません。多くは善良な隣人ですが、そこに一定数の反政府勢力が存在していることは、日本人拉致における関与からも明らかです。

2008年に北京五輪の聖火リレーが、長野県の善光寺にやってきたとき、大挙して押しかけた中国人により日本人が暴行された事案がすでに発生しています。

米国は北朝鮮の武器装備は、一切怖れていませんが、生まれ落ちたときから特殊な訓練により純粋培養する「特殊工作員」を警戒していると言われます。彼らは死を怖れず、肉弾戦を躊躇いはしません。

電気が死ねばハイテクは無用の長物。そのとき、彼我(ひが)の戦力差はなくなるどころか、むしろ逆転することでしょう。すでに触れたように、米国政府や議会は、米兵の損傷を最も怖れます。そのとき、在日米軍は、事態が沈静化するまで基地にひきこもる可能性も否定できません。

軍というのはある程度の見通しが立たない限り行動しません。ましてや在日米軍の周囲にいるのは、アメリカ人ではなく日本人です。祖国のために、その国民のために命を懸けるのが軍人です。

日米同盟があるから、米国軍が日本を守る。との期待が現実になれば良いとして、先の工作員の身元がばれなければ、あるいは日本国籍を有する「日本人」が破壊活動をおこなったなら、それは日本の国内問題で、日米同盟の出る幕ではありません。

さらに悪夢を深掘りするなら、こうした工作員が「住民」を装って自衛隊の駐屯地に押しかける可能性もあります。その時、我が自衛隊が、威嚇射撃も辞さずに住民を追い払うことができるでしょうか。

こうして押し寄せた「住民」が基地内に侵入したとします。電子回路を使用しない武器弾薬は使用可能で、これを奪えば謎の部隊の殺傷能力は飛躍的に高まります。なにより戦闘機にせよ、輸送機にせよ、物理的に破壊してしまえば自衛隊の相対的戦力=国防力を激減させることに成功します。

こうした国内の破壊活動の果てに、北朝鮮が侵略してきて日本を植民地化する…ことは、さすがに現実的ではないにせよ、交渉の捨て石にすることは可能です。

つまりはこういうこと。

「日本から手を引くから北朝鮮の核兵器を認めろ」

…あくまで最悪のシミュレーションのひとつですが、電磁パルス攻撃はそれ単体で終わることなく、他の作戦と連動するはず。という議論が、核実験をうけて急遽開催された国会の閉会中審査では為された形跡がありません。

そもそも高高度の爆発で、爆発そのものによる物理的被害がない電磁パルス攻撃を「有事」とみるかで、議論が割れるのがお花畑な我が国です。朝日新聞のように「一発だけなら誤射かもしれない」と言い出すものもいるかもしれません。

我が国の「国防」における最大の弱点は国会であり、それを批判しないどころかトンチンカンな主張をくりかえすマスコミです。

image by: Flickr

出典元:まぐまぐニュース!