人権団体「ヒューマンライツウォッチ」は過去2カ月、中国が脱北者の摘発を強化していると報じた。写真は北朝鮮。

写真拡大

2017年9月5日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトによると、中国が脱北者の摘発を強化している。

人権団体「ヒューマンライツウォッチ」は過去2カ月、中国が脱北者の摘発を強化していると報じた。7、8月に中国当局に拘束された脱北者は41人に達した。2016年7月から17年6月までの1年間では51人を拘束しており、過去1年余りの拘束者は92人に達したことになる。

また同団体によると、昨年7月以来、中国は37人の脱北者を強制送還している。密出国は北朝鮮では重罪だ。重い罪を犯した者が収用される「教化所」か、政治犯が収容される「管理所」に収用される可能性が高い。政治犯の収容所では虐待や拷問が日々行われ、治療されることもなく食事も与えられないという劣悪な待遇に置かれている。そればかりか、さしたる理由もなく処刑されることまであるという。(翻訳・編集/増田聡太郎)