中田を発掘したペルージャの北朝鮮人FWにユーベが熱視線 アジア人初の移籍なるか

写真拡大

セリエB開幕戦でハットトリック、「若い選手を生み出す工場」のユーベも興味

 FIFAランキング110位の北朝鮮の若きストライカーに、イタリア王者ユベントスが興味を示しているという。

 イタリア紙「トゥット・スポルト」や、イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」などが報じた。

「冗談は言えない。特に今のこの時期、朝鮮民主主義人民共和国は、国際的に社会的にも、政治的にも世界の権力を懸念している。しかし、これはサッカーだ。とても真面目な話である」

「トゥット・スポルト」が伝えた話題の主は、北朝鮮出身のストライカー、ハン・グァンソンだ。今季セリエAのカリアリから、セリエBのペルージャへ期限付き移籍となった18歳は、現地時間8月27日に行われたリーグ開幕戦の敵地ヴィルトゥス・エンテッラ戦(5-1)でハットトリックを達成するなど大爆発。その活躍もあって、王者ユベントスが獲得候補としてリストアップしているという。

「ハンはユベントスを引きつける」とタイトルがつけられた記事では、「ユベントスがハンに気づかないわけがない。ユベントスは若い選手を生み出す工場だ。(ペルージャの本拠地)レナト・クーリにもユベントスのスパイが視察していた」と記している。

中田を発掘したペルージャから飛躍なるか

 一方で、イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」は、9月11日に19歳の誕生日を迎えるストライカーが、日本サッカー界が誇るレジェンドを発掘したペルージャから巣立っていく存在になるかもしれないと報じている。

「ペルージャのイタリアン・サッカー・マネジメントは、スーパーな才能であるヒデトシ・ナカタを発掘した。次はハンの番だ」

 アーセナルやエバートンのスカウトも開幕戦のスタンドで視察していたというハン。アジア人初のユーベ移籍は実現するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images