例えば「飲みに行こう」と相手を誘うとき、友だちと好きな人とでは言葉遣いやニュアンスを変えますよね? 好きな相手をそんなにフランクには誘えないはず。それは男女共に同じです。そんなちょっとした差を見極められたら、恋愛を有利に進められるかも? 今回は、男が大切な女の子にだけ送る愛情LINEをご紹介します。

文・塚田牧夫

相手の名前をマメに入れる

「好きな女の子に対しては、LINEを送るのにもちょっと気を使います。大きな違いは、相手の名前を入れることですね。

例えばデートに誘うときなんかは『〇〇ちゃん次いつ空いてる?』とか。『次いつ空いてる?』だけじゃなんかぶっきらぼうだし。ただの友だちならそれでいいですけどね。

名前を入れたほうが丁寧だし、適当な感じもしない。しっかり向き合ってる感じがすると思うんです。大切な相手ならそうすべきかと」ミツオ(仮名)/26歳

「飲みに」ではなく「ごはんに」と誘う

「『飲みに行こう』ってちょっと軽い感じがしませんか? 友だちを誘うならいいけど、本気の相手にそれはちょっと失礼な気がして。それに、下心も感じさせてしまうかなと。

だから僕は、大切な相手には『飲み行こう』にではなく、『ごはん食べに行こう』って誘います。

まあ、ごはん食べに行くからといって、お酒を飲まないわけじゃないから、意味としてはあまり変わらないけど。ごはんっていうと、時間帯もそんな遅くならない感じもして、女の子も安心してくれそう。

なんだったらランチでもいいんです。それはホントに。ただ一緒に食事して、話がしたいだけ。だからこの誘い方には、下心はないですよっていうアピールも含まれてます」ショウ(仮名)/28歳

自分の生活サイクルをさりげなく伝える

「付き合う相手を選ぶ基準として、生活サイクルが同じって重要な気がするんだよなぁ。何時に起きて、何時に寝るとか。休みはいつだとか。近いとやっぱり付き合いやすいでしょ?

だから俺は、だいたい同じ時間にLINEして、起きる時間とか寝る時間とかをなんとな〜く伝える。するとそのうち、相手の生活スタイルも見えてくる。

休みがいつだとか、休みの日は何をしてるのかとかも分かってくると、約束もしやすくなるし。どんどん距離が縮まっていく。

自然と付き合う方向にいくんじゃないですかね。そのために、だいたい同じ時間にLINEするっていうのは大事なのかな」ヤスヒコ(仮名)/27歳

男が大切な女の子にだけ送る愛情LINEをご紹介しました。

いかがでしょう。思いあたる節があったでしょうか? こんな感じのLINEが来たら、大切に思われている可能性大。それがあなたにとっての大切な相手からだといいですね。

(C) wavebreakmedia / Shutterstock(C) Rawpixel.com / Shutterstock(C) marvent / Shutterstock(C) KieferPix / Shutterstock