neco眠る、11月に3年振りとなるニューAL発売決定

写真拡大

neco眠るが、安部勇磨(never young beach)をフィーチャーした「SAYONARA SUMMER」、スチャダラパー+ロ ボ宙をフィーチャーした「ひねくれたいの」を収録した7インチアナログ・シングルを本日9月6日にリリースし、そのトレイラー映像を公開した。

◆「SAYONARA SUMMER/ひねくれたいの」トレーラー映像

2017年で結成15周年となるneco眠る。今年は8年ぶりに<FUJIROCK FESTIVAL>に出演し、さらには2009年の「猫がニャ~って、犬がワンッ!(with 二階堂和美)」以来となるボーカルをフィーチャーした今回の新曲7インチをリリースするなど活動を活発化させている。さらにこのたび、彼らの3年ぶりのニューアルバム(タイトル未定)のリリースも決定した。

収録楽曲は、初期作の森、前作「BOY」のBIOMANに加え、栗原ペダル、新メンバーのおじまさいりのメンバー4人がそれぞれ作曲を担当するなどバラエティに富みながらも、確実に“neco眠る節”な全10曲となるようだ。7インチシングルとしてリリースされた2曲ももちろん収録される。

■アルバム(タイトル未定)
2017年11月22日(水)発売
品番:DDCZ-2182
価格:¥2,000+税
収録曲:全10曲収録予定
発売元:こんがりおんがく
販売元:スペースシャワーネットワーク