たっくる‏(@bb35893589)さんが描いた、目の見えない女性との出会いを漫画にした『不自由なカノジョとボク』が、話題になっています。

すべての能力が平凡で、自分に自信を持ていない男性。駅で「目の見えない方の手助けをしましょう」というチラシを見かけたことから物語は始まります。

5秒ほど動けなくなった

偶然見かけた目の不自由な女性に、「お手伝いしますよ」と声をかけた男性。

女性の清純さと美しさに面をくらいながらも、自分が見えていないことに安心感を感じて、会話が進んでいきます。

しかし、「とてもいい人ですね」という女性の言葉に、男性はある告白をします。

あなたの優しさに救われました

自分が目の見えない人を助けたのは「気まぐれだった」と男性は正直に告白します。

しかし、「たまたまだったとしても、私はあなたの優しさに救われました」という女性の言葉に、逆に助けられてしまったようです。

後日再会すると…

後日再会を果たした男性は、女性から下の名前を教えてもらうほどの仲に進展し、物語は終わりを迎えます。

たっくるさんの漫画読んで、「感動した」「続きが読みたい」というコメントがあふれました!

涙ちょちょぎれました。続編期待しちゃいます。男の子の「いいこと」に対する考えかたとか凄く分かるので、勝手に感情移入しちゃいました。終わりっぽいですけど、続きが気になります。

漫画自体はこれで終わりのようですが、続きを描けるようなラストにしたとのこと。

もしかしたら、2人が今後どうなっていくのか、描かれる日がくるかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]