中国で10月1日、例年より1日長い8日間の国慶節連休がスタートする。写真は訪日中国人観光客。

写真拡大

中国では10月1日、例年より1日長い8日間の国慶節(建国記念日)連休がスタートする。大手旅行予約サイト・携程旅行網が海外旅行者数600万人超を予想する中、華字紙・日本新華僑報は中国人観光客の受け入れに備える日本の動きを伝えた。

日本政府観光局(JNTO)の統計データによると、2016年10月の訪日中国人客は50万6159人に達し、うち観光客は43万2718人を占めた。同紙は今年の国慶節連休の海外旅行先として日本がタイに次ぐ2番人気となっていることを紹介し、両国の受け入れ人数に大差は生じないと予測されていること、訪日中国人客の数は昨年を上回る見込みであることを説明。「日本の地方自治体はさまざまなPR活動を行っており、ドラッグストアをはじめとする小売店や観光地などは外国語サービス提供に向けた人材確保を積極化している」と伝えた。

記事はまた、中国の電子決済システムを取り入れる店が増えていることや、デパートが各種優待券を用意していることなども紹介。ある中国人観光客が語った「これまで料金の安い東南アジアに行く人が多かったが、最近の日本は観光アピールにとても積極的。日本に行ったことがある友人全員が『有意義な旅だった』と話していたから、私もやはり日本に行くことに決めました」とのコメントも伝えた。(提供/Bridge・編集/Asada)