プレスリリースより

写真拡大

シャープのマッサージ機能付きドライヤーが、「薄毛」に悩む男性を中心に大きな反響を集めている。

季節に応じて送風温度が変化

シャープは2017年9月14日、新モデルのドライヤー「プラズマクラスタースカルプエステ<IB-HX9K>」を発売する。

大きな特徴は、「プラズマクラスター」と「かっさ」の2つ。頭皮のうるおい保持や皮脂バランス調整などの効果がある「プラズマクラスター」機能を搭載し、さらに「かっさ」と呼ぶくしのような形状のアタッチメントを付属。ヘアドライ後に送風口に装着することで心地よく頭皮をマッサージでき、頭皮を快適な状態に保ってくれる。

16年10月に先行モデル「プラズマクラスタースカルプエステ IB‐GX9K」を発売していたが、新たに「シーズナル切り換え機能」を搭載した。

周辺温度をセンサーで感知し、季節に応じて4種の送風温度の組み合わせを自動で切り換える。熱すぎず、寒すぎない風で快適に髪を乾かし、キューティクルを引き締めつつも熱ダメージを抑え美しいツヤのある髪へと導く。

「乾かす髪がない」

ツイッターやネットの掲示板では、男性から

「最近ヤバイから試すか!」
「ちょっとシャープ行ってくる!」

といった声があがり好評の様子。頭皮に悩みを持つ男性は多いだけに大きなニーズを感じさせる。一方で、「乾かす髪がない」「毛のない所に髪は立たない」といった嘆きも少なくなかった。

店頭予想価格は、2万5000円前後(税抜)。