5日、韓国が開発する弾道ミサイルの弾頭重量制限が撤廃され、韓国軍が戦術核兵器の破壊力に匹敵する弾頭重量2トンのミサイル開発に乗り出すことが分かった。韓国・毎日経済はこれを「怪物ミサイル」と表現し報じている。資料写真。

写真拡大

2017年9月5日、韓国が開発する弾道ミサイルの弾頭重量制限が撤廃され、韓国軍が戦術核兵器の破壊力に匹敵する弾頭重量2トンのミサイル開発に乗り出すことが分かった。韓国・毎日経済はこれを「怪物ミサイル」と表現し報じている。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領は4日、電話会談を行い、現在、最大射程距離800キロ、弾道ミサイルの弾頭重量0.5トンとされている韓国のミサイル開発に関する制限を撤廃することで合意した。

韓国政府筋によると、この合意に基づき、現在射程距離800キロの対地ミサイル「玄武2C」について最大2トン規模へ弾頭重量を拡大する案を検討中だという。弾頭重量2トンのミサイルが開発されれば、弾頭重量2.2トンの米国のレーザー誘導地中貫通爆弾「GBU−28」(バンカーバスター)より大きな破壊力と貫通能力を持つとされ、韓国軍関係者は「放射性物質が存在しないだけで、事実上、戦術核兵器に匹敵する戦略兵器になるだろう」と話している。

記事によれば、弾道ミサイルの弾頭重量を1トン以上とすれば、地下数十メートルの深さに構築された施設を破壊可能であることが分かっている。有事の際、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長をはじめとする北朝鮮指導部が、首都平壌(ピョンヤン)を捨て、白頭山(ペクトゥサン)近くの北部の地下施設に隠れても、韓国軍の弾道ミサイル攻撃を避けることができなくなるという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「このように一つ一つ着実に進めていこう」「できることから着実に」「造ると決めればすぐにできる」「10トンクラスの弾頭も作ってみては?」など、韓国軍が大型弾頭の開発に乗り出すことへの肯定的な意見が多く寄せられている。

しかし一方では、「核武装しなければ意味がない。核武装だけが金正恩と交渉するための唯一の方法だ」との指摘も。

その他、「防衛事業の不正を清算し、最先端のミサイルやレーザー兵器、電子パルス(EMP)兵器、原子力潜水艦を造って、強力な大韓民国になることを望む」「核を持たずに敵の核を無力化させるには、核が発射される前に無力化するのがベストだ」などのコメントもあった。(翻訳・編集/三田)