輝く主婦を発掘するコンテスト「ESSE Shu_fu of the year 2016」で選出された10名が、暮らしの工夫をご紹介。今月は、手芸にハマっているメンバーに、最近つくって愛用しているアイテムを紹介してもらいました


岩城はるみさん岩城はるみさん(奈良県・34歳)
夫(38歳)、長男(9歳)、長女(6歳)の4人家族。ベビーマッサージのインストラクターを務める。アクセサリーなどの手づくりも得意。インスタは@kojika_no_ouchi

リリアンとワイヤーでつくるウールレター


材料は100円ショップで買えるリリアンの編み器と糸、ワイヤー(針金)のみ。まずリリアンを1mほど編み、中にワイヤーを通して英字や星、ハート形などにしていきます。壁に飾っても棚にポンと置いても、空間がぱっと華やかに!


子どもの誕生日パーティの飾りに大活躍!数字の「1」など年齢をモチーフにしても


鈴木淳子さん鈴木淳子さん(東京都・38歳)
夫(40歳)、長男(6歳)の3人家族。料理教室でお菓子とパンづくりを学んだ経験を生かし、自宅で子どもと“おうちカフェ”を楽しんでいる。インスタは@rito_jun

かぎ針1本でできる白鳥モチーフのレース編み


最近はずっとかぎ針編みに夢中で、今回は細めのレース糸を使ってマットをつくりました。編み方は、毛糸編みとほぼ同じで簡単。中心の白鳥モチーフがポイントです。ナチュラルインテリアとも相性がいいので、雑貨の下に敷いています


テーブルコーディネートに使っても◎。おもてなしのときに重宝します


松井由希子さん松井由希子さん(岐阜県・36歳)
夫(37歳)、長男(6歳)、長女(2歳)の4人家族。自宅にアトリエを構えるジュエリー作家として活動。料理や裁縫、雑貨など、手づくりが得意。インスタは@colette_snow

手づくりヘアバンドで残暑も快適おしゃれ!


長方形の布を筒状に縫い、後ろ部分にゴムをとおすだけ。15分ほどでできるので、リボンやクロスタイプにアレンジし、2週間で6個制作!手もちの服に合うような色バリエにしました。暑さの残る時季はとくにリネン素材のものを愛用


おしゃれなまとめ髪が手際よくできます。髪の毛が顔につくストレスがなくなりました


安川美樹さん安川美樹さん(神奈川県・37歳)
夫(40歳)、長女(3歳)の3人家族。DIYをライフワークとし、身近なもので自宅を大改造。家族が快適に過ごせるおしゃれな住まいを追求中。インスタは@chairs_and

セリアのランチマットを手帳カバーにリメイク


ランチマットの上下を、手帳より5mmほど大きめに内側に折ります。アイロンで折り目をつけたら、左右の端も手帳に合わせて内側に折り、重なった4すみの下だけ縫い留めて完成!手帳カバーにしましたが、文庫本などにもおすすめです


ウエットティッシュやおしりふきのケースにも!パッケージが隠れて見た目すっきり