清潔感を表現できて、実用性も高いガラスは、ものが多くてもスッキリ見せてくれるとあって、インテリア上級者に大人気の小物。初心者だって、上手に取り入れたいものです。今回ESSEでは、ガラス小物使いの達人、小川沙央里さんのお宅をお邪魔してみました。大工の夫とセルフリノベーションしたこだわりの家とあって、インテリアはなんともおしゃれ!

「ガラス小物のクリアな質感は、見えてもかわいいものを収納するのに最適です。雑多なものを入れても、意外に部屋になじむんです」そう語る小川さんのガラス使いのテクニックを紹介していきます。クリア感が魅力!ガラス小物使いのテクニック

透明なガラスは存在感を主張しすぎないところがポイント。小川さんは、ほどよく生活感を出したり、ガラス小物を並べて安定感を出したり。自分や家のテイストとガラス小物、そしてその中身を、なじませていくことがコツだとアドバイスしてくれました。●おそろいのガラスボトルに液体調味料を入れて並べる


おそろいのガラスボトルに液体調味料を入れて並べるコンロ横にずらりと並べた100円ショップのボトルに、よく使う液体調味料をつめ替え。「透明なボトルだと、複数置いても圧迫感がありません。残りの量もわかりやすいんです」。●食品を入れたガラス容器をキッチンの入り口にディスプレー


ガラスのキャニスターに米やパスタ、犬のおやつを入れて、飾るように収納。「ダイニングからもリビングからも見えるので、数を置きすぎないようにして抜け感を出しています」。生活感が出るはずのフードの収納も、演出することで楽しげで温かみのあるインテリアに。「収納しているものがインテリアになじんで、好きなものだけに囲まれている、という感じが生まれるんです」。


ガラスのキャニスターに入れることで、カラフルな犬のおやつがなんだかかわいらしい存在に。ひとつだけぽつんとあると、ただ置いてあるだけという感じが出てしまいますが、おそろいのキャニスターを2つ並べることで、ディスプレーされているかのような印象が生まれます。●アンティーク風のガラス容器でそろえてアメニティーコーナーをシックに


「落ち着きや清潔感を重視したい洗面所。ガラスのアンティーク風容器を上下に並べて、シックな空間にしています」。ケースには、コットンや綿棒などアメニティーを入れて。


表面をヤスリで削ったニベアの缶。クール&クリアでまとめた洗面所によく合います。●ガラスビンを2つ並べて、見えてもかわいいボタン類を収納


ワークスペースに並べたアンティーク風のガラスビンの中身は、ずっと集めているアンティークのボタン。「ひとつだと浮いてしまうけど、2つ並ぶとバランスよくなります」。

<撮影/大森忠明 取材・文/ESSE編集部>