新型スバルXVは、先代に続いてインプレッサをベースにした都市型SUVとして登場。スポーティカジュアルを略した「スポカジ」のコンセプトは揺るぐことなく、次世代型のスバルグローバルプラットホーム「SGP」を採用して基本性能を向上させてきました。

ボディ形状は、4ドアハッチバック一本。地上高200mmを持たせて悪路走破性能を確保するとともに、フェンダー等を樹脂モールで被い、ワイルドなスタイルとプロテクト機能を両立。更にパステル系のボディカラーによって、カジュアルなセンスを融合しています。

水平対向4気筒エンジンは、1.6Lと直噴化した2Lの2種類があり、共にCVTと4WDを組み合わせています。特徴的なのがJC08モード燃費で、1.6Lエンジンの16.2km/lより2Lの方が0.2km/lほど優れています。この逆転現象は、2Lの直噴化による進化がもたらしているといえるでしょう。

また悪路走破性能の更なる向上のために、フォレスター等が採用している本格4WD制御システム「Xモード」を1.6L廉価版を除いて搭載。スバルは、新型XVに4WD技術を惜しげなく投入しているのです。

新型スバルXVは、4WDに加えて運転支援システムと安全装備も充実しています。全車に、独創の2眼カメラ式運転支援システム「アイサイトver.3」とフロントガラスの根元で車外に展開する「歩行者保護エアバック」を標準装備しました。

新型スバルXVは、価格もリーズナブルで約214万〜約268万円に設定。街中中心なら充分な装備の「1.6i-L アイサイト」がオススメ。ロングドライブや乗車積載の機会が多ければ、2L の「2.0i-L アイサイト」がパワー・燃費・装備面でバランスしていると思います。

最近日本車には価格上昇傾向が見られますが、この装備と機能をこの価格で提供するスバルの経営判断は、本当に素晴らしいと思います。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

第551弾スバルXVのすべて(より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://3a.as-books.jp/books/info.php?no=NMS20170426

新型スバルXVは4WDにアイサイト&歩行者保護エアバック装備の充実仕様。それでいて値段も「お見事」!?(http://clicccar.com/2017/09/06/507063/)