世界ランキング3位のロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP09年決勝で6連覇を断たれたデルポトロと再戦「あの試合は激闘だった」

 男子テニスの全米オープンは準々決勝に突入し、世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)は6日(日本時間7日)にフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)との対戦に臨む。全米では6連覇の夢が潰えた8年前の決勝以来となる再戦を心待ちにしているようだ。ATP公式サイトが伝えている。

 フェデラーは1、2回戦はフルセットの接戦が続いたが、3回戦のフェリシアーノ・ロペス(スペイン)戦、4回戦のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)戦は2試合連続ストレート勝ち。本領発揮し始めた36歳には、ラファエル・ナダル(スイス)と準決勝での対戦が期待されている。

 ただ、その前に対戦するデルポトロも“因縁の相手”だ。

 記事によると、「もう一度、あの試合を戦ってみたい」とフェデラーが語ったのは、デルポトロと対戦した2009年決勝。当時大会5連覇中と圧倒的な力を誇ったフェデラーだが、最終セットまでもつれ込んだ末、相手の粘りに屈した。

 当時の試合を、記事ではこう振り返っている。

8年経った今、振り返る激闘「彼が本当に上回ったと思うのは第5セットだけだった」

「私個人の意見としては、彼が本当に上回ったと思うのは第5セットだけだった。私を倒すには十分なプレーだったことは明らかだ。あの試合は激闘だった。観衆は没頭してたし、日中に始まって終わったのは夜だったからね。素晴らしい成績を収めることができたので、自分自身がっかりすることもなかった」

 09年は悲願の全仏オープン初制覇でキャリアグランドスラムを達成。さらに、通算6度目のウィンブルドン制覇、そして、愛娘の誕生と喜びにあふれた1年だった。ただし、「ニューヨークの地で5年連続優勝が途絶えたことは、少し落ち込んだよ。でもフアン・マルティンはラファ(ナダル)と私を倒した。彼は優勝するべきだった」と振り返ったという。

 現在のデルポトロについては「今は違うタイプの選手となったと思う。手術をしたことにより、彼のバックハンドは変わっていて、より一層スライスを使うようになった。試合は違ったものになるだろうね」と分析を済ませている。

 4回戦で体調不良ながらもドミニク・ティエム(オーストリア)を打ち破ったデルポトロを下し、フェデラーは今季3つ目のグランドスラム制覇へ一歩近づけることはできるか。