少女の背後から“呪いの人形”が……『死霊館』シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の館』本編映像

写真拡大

 10月13日に公開される『死霊館』シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の誕生』より、本編映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、現在も米コネティカット州のオカルト博物館に保管されている、実在する呪いの人形“アナベル”の誕生と呪いの起源を辿るホラー。封印されていた人形の呪いを解いてしまったがために、昼夜問わず降りかかる災いに立ち向かうシスターと孤児の少女たちの姿を描く。少女の中の1人であるジャニスを演じるのは、『メン・イン・キャット』『ジオストーム』のタリタ・ベイトマン。『ソウ』『死霊館』のジェームズ・ワンが製作、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグが監督を務めた。

 公開された本編映像では、不気味な雰囲気が漂う部屋で、歩くはずのない呪いの人形・アナベルによって、ジャニスが静かに追い詰められる姿が映し出されている。(リアルサウンド編集部)