恋愛がしたい…けれど、自分からいく勇気もない…そんな女性いませんか?誰か、わたしを口説いてくれないかな?と思ったときは、“ちょいエロ”要素を加えてみて!さらに、隙を作って男性を誘惑しちゃうんです。すると不思議…男性が口説いてくれるようになりますよ。軽い女ではないけれど、“落としたくなる女”になれるテク、教えます!

■1:露出は、一か所大胆に!

ワンピースを着て、肩が出ていて、足も太ももまで見えていて…腕も見えているというようなメリハリのないただ露出の多い恰好をするのではなく、露出を一か所に抑えた服装を心がけましょう。ただ下品な露出をしてしまっては、口説かれたいというよりも“体の関係を持ちたい”と思っていると勘違いされてしまうので注意が必要です。

「脚だけ出てるとか、肩だけ出てるっていうのがエロいと思うんですよね。いろんなところが露出してしまってたら、ただのヤラしい女って感じなんで。一部分だけのエロさってのがセクシーで素敵。これでお酒が入ってたら、つい声かけたくなります」(30代男性・消防士)

■2:お酒を飲んだほうが、口説かれやすい

飲むと顔が赤くなってしまうからあまり飲まないという女性もいますね。お酒を飲むと顔色の変化はもちろん、表情や所作にも影響が出ます。お酒を飲まない、または飲めない女性よりは、お酒をある程度飲める女性のほうが、男性からは口説かれやすい傾向があります。自宅以外でも、お酒を楽しむ程度に飲めるようになりましょうね。

「ノンアルコールオンリーの女性には、なかなか声をかけにくい。ガードが固すぎる気がして。お酒を少しでも飲んでもらったほうが、隙があって可愛らしい。もしかしたらいけるかな?と思って、声をかけやすいんです」(30代男性・放射線技師)

■3:にこやかな表情でさりげなく人柄アピール

普段、カリカリして周りを圧倒してしまってはいませんか?真面目な様子は良いのですが、それがかえって周囲の男性をビビらせてしまっている危険性が!にこやかな表情で過ごすことを心がけることによって、守りたくなる、可愛らしい女性を演じることが出来ます。また、誰に対してもニコニコしていると「先に声をかけた人について行ってしまいそう」という心理にさせるので、男性同士がこぞって口説きにかかってくれます。

■おわりに

いかがでしたか?

口説いてほしいときは、エロを強調し過ぎずに男性の心の深い部分をくすぐるような感じでいつもの自分と違う自分を演じてみてはいかがでしょうか。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)