大島智子個展『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』ビジュアル

写真拡大

大島智子の個展『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』が、11月10日から東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOで開催される。

【もっと画像を見る(3枚)】

術ノ穴に所属するイラストレーターの大島智子。これまでに泉まくら、禁断の多数決、宇宙ネコ子といったミュージシャンのジャケットやPVを手掛けているほか、GIFアニメ、漫画なども制作している。

初の個展となる『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』では、「渋谷」をテーマに描き下ろされた新作を展示。会場にはこれまでに大島が手掛けたイラストや漫画、映像も並ぶほか、原画やグッズの販売も行なわれる。期間中にはライブペインティングやトークイベントが開催される予定だ。詳細は同展の特設サイトをチェックしよう。

また11月29日に刊行される初の作品集『Less Than A4』の先行販売も実施。同書には大島の作品に加え、玉城ティナとの対談や、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)による批評が収録される。さらに泉まくら、禁断の多数決、宇宙ネコ子の書き下ろし楽曲を収めたCDが付属する。