車酔いしてしまった犬の症状とは?

車酔いしやすい犬の場合、吐いてしまうことがあります。
はじめて車に乗る場合、車に長時間乗る場合、車酔いする心配がある場合などには、吐いてしまったときのことを考えて、トイレシートやウェットティッシュやビニール袋などを用意して出かけましょう。

犬が車酔いしてしまったときの初期症状には下記のような症状があらわれる場合があります。

落ち着きがなくなる吠えるあくびばかりする震えるヨダレがたくさん出る

初期症状があらわれた場合には、車を止めて少し休ませてあげましょう。
窓を開けて外の空気を吸わせてあげたり、気分転換に外をお散歩させてあげると良いでしょう。

なぜ、犬は車酔いをしてしまうのか?

犬の車酔いは人間の車酔いと同じように、三半規管という平衡感覚を司っている部分が関係しています。

車に乗っているとカラダが揺れますが、目にしている映像と感覚にズレが生じてしまうことで酔ってしまうのです。

車に乗ることに慣れていない以前、車に乗ったときに嫌な経験をしてしまった急な環境の変化に不安を感じている

このようなことから車酔いをしてしまう犬もいます。

嫌な思い出がある

車に乗って病院へ行き、予防接種のための注射をされた。
このような嫌な経験によって車酔いをしてしまう犬もいますし、揺れに対して上手くバランスを取ることができないことが車酔いの原因になってしまう犬もいます。

車酔いを予防する方法とは?

まずは、初期症状があらわれないかどうかをしっかりと見てあげましょう。
初期症状の段階で対処してあげることができれば、嘔吐などの苦しい症状を回避してあげることができます。

嘔吐してしまった場合、嘔吐物が気管や喉などに詰まってしまわないように注意しましょう。

嘔吐してしまった場合も決して焦ることなく冷静に対処しましょう。

嘔吐した後、体調が悪いようであれば病院で診てもらいましょう。

1.三半規管への影響によって車酔いしてしまう場合

急加速や急ブレーキは三半規管への影響がとても大きいため、犬も人間も車酔いしやすくなります。

車酔いしやすい場合には、一定の速度で運転し、車の揺れが少ないよう安全運転で出掛けましょう。

2.嫌な経験が車酔いの原因になっている場合

車に乗ると楽しいところに行ける、など車に乗ることは楽しいことだと思ってもらえるように、車に乗ってドッグランへ行ったりドッグカフェに行くなど楽しい思い出を作ってあげましょう。

車に乗るときはいつも病院へ行くときだ。
このような場合、車に乗ると嫌なことがある、と犬が認識してしまっている可能性があり、車酔いの原因になっている可能性があります。

3.急な環境の変化に不安になってしまう場合

普段はほとんど吠えることのない犬が車に乗るときにだけ吠えるようになることがあります。
これは、車に乗ることで環境が変わり、その変化によって不安を感じている可能性が高いです。

急な環境の変化は犬にとても大きなストレスを与えますし、車酔いの原因や嘔吐の原因にもなります。

少しでも不安を取り除いてあげるために、安心できる空間を作ってあげましょう。
大好きな飼い主さんに抱っこされることで安心できる場合もあります。
入り慣れたクレートに入れてあげることで安心できる場合もあります。

4.食事をする時間と量に注意しましょう!

車に乗る直前に食事を与えることが車酔いの原因になってしまうことがあります。
また、お腹いっぱいに食べさせてしまう事が車酔いの原因になってしまうこともあります。

あまりにも空腹な状態のままで車に乗ることも車酔いの原因になってしまうことがありますので、車に乗る数時間前に食事を済ませる、食事の量を減らすなどの対策が必要です。

5.車内の空気を常にキレイに保ちましょう!

飼い主さんの香水やフレグランスのニオイ車の芳香剤のニオイタバコのニオイ食べ物のニオイ

このような強いニオイが車酔いの原因になってしまうことがあります。

犬は強い香りが苦手ですし、人間には良い香りでも犬にとっては不快な香りです。

車に乗っている間は空気を常にキレイに保ち、温度や湿度にも注意しましょう。

まとめ

車酔いは、車に乗り慣れることで改善することができる可能性があります。
子犬のうちから少しずつ車に乗ることに慣れさせ、急な長時間のドライブは避けましょう。

車酔いしやすいけど、どうしても長時間のドライブが必要な場合には、車内の空気を常にキレイに保ち、こまめに休息しましょう。

事前に獣医さんに相談することで酔い止めのお薬を処方してもらうこともできます。


(獣医師監修:加藤桂子先生)