共同記者会見後、握手を交わす文大統領(左)とプーチン大統領=6日、ウラジオストク(聯合ニュース)

写真拡大

【ウラジオストク聯合ニュース】ロシア極東ウラジオストクを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日、プーチン大統領との首脳会談後に行った共同記者会見で、北朝鮮の核問題に関して「韓ロ首脳は北の核実験を強く糾弾し、朝鮮半島と極東の限りない潜在力を実現するため、北の核問題を早期に解決しなければならないということで一致した」と述べた。

 また、「北の核とミサイルは間違った道であり、朝鮮半島の緊張緩和が急務との認識を共にした」と説明。「プーチン大統領とロシア政府が北の核を容認しないという確固たる原則に基づき、国連決議(の採択)や外交的な解決のためにさまざまな努力をしていると評価している」と述べた。

 その上で、「プーチン大統領が北の核問題解決や南北関係改善に向け、韓国政府を全面的に支持し、理解を示したことをうれしく思う」として、「今後、北の核問題に関連する戦略的な意思疎通を強化する」との姿勢を示した。

 経済協力に関しては、「朝鮮半島と極東をつなぐ南北ロの『3角協力』の礎を確実につくっていくことにした」とし、「北の核問題のため大きな進展がなかったが、極東地域を中心に可能な協力事業から優先的に推進することで一致した」と明らかにした。特に、「極東開発が北の参加へとつながるよう、協力の基盤を構築することにした」と強調した。