高齢運転者にとくに推奨する「サポカーS」の最上級にランク

 14代・62年の歴史を持つトヨタのFR高級サルーン・クラウンに、駐車場などでアクセルペダルを踏み間違えたときの衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を装着した特別仕様車「J-フロンティアリミテッド」が、スポーティモデル「アスリート」に設定された。

 なお、これにより「J-フロンティアリミテッド」は、経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者にとくに推奨する「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」のうち、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、自動防眩型前照灯などの先進ライトを搭載する最上級ランク「ワイド」に適合している。

 この「J-フロンティアリミテッド」が設定されるのは、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載する「アスリートS-T」と、2.5リッター直4エンジンにハイブリッドシステム・THS2を組み合わせた仕様の「アスリートS」とその4WD車「アスリートS Four」。 全車共通の装備としてはICSのほか、漆黒メッキのフロントグリル、ブラック塗装のフォグランプベゼルを装着。

 室内には、日本のモノづくりの技術を用いた本木目のブラックレイヤーウッドステアリングと、ブラックレイヤーウッド調のインパネ/ドアトリム/センターコンソール/シフトノブ、滑らかな風合いのウルトラスエードと本革を組み合せた専用のアイアンブラックシート表皮、アルミ製アクセル/ブレーキペダルを備えることで、スポーティかつシックで落ち着いた室内空間に仕上げている。

 さらに、「アスリートS-T“J-フロンティアリミテッド”」には、ブラックのリヤバンパーロアスポイラーと、前席シートヒーターを装着。「アスリートS“J-フロンティアリミテッド”」「アスリートS Four“J-フロンティアリミテッド”」には、ダークスモークメッキのフロント王冠エンブレム/バイビームLEDヘッドランプ/リヤライセンス/LEDリヤコンビネーションガーニッシュと、エクステンションサイド部をブラックとしたLEDリヤコンビネーションランプを装着して、スポーティさを強調しながら快適性をアップさせた。

 価格は「アスリートS-T“J-フロンティアリミテッド”」が454万6800円、「アスリートS“J-フロンティアリミテッド”」が497万8800円、「アスリートS Four“J-フロンティアリミテッド”」が519万4800円。

【画像ギャラリー】