オーストラリア代表・ポステコグルー監督【写真:Getty Images】

写真拡大

サッカーW杯最終予選でプレーオフ行き…周囲は批判も強気「スタイルは合っている」

 サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選は5日、B組のオーストラリアがアウェーでタイに2-1で勝利したが、勝ち点で並んだサウジアラビアに得失点差で及ばず3位。自動出場権を獲得できず、プレーオフに回ることになった。指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督への風当たりは強まっているが、自身は「何も変えることはない」とスタイルの不変を貫いている。豪州紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」が報じている。

 放ったシュートは45本。しかし、ネットを揺らしたのは2本だけ。最少得点差に終わり、ライバルのサウジアラビアが日本に1-0で勝ったため、得失点差により無情にも自動出場権を逃した。

 A組3位シリアとのプレーオフに回ることが決定。W杯出場はイバラの道となり、崖っぷちに追い込まれた。ポステコグルー監督への批判の声も強まっているが、記事では「周囲の風当たりは強くなっている。だが、彼自身はそういった周囲の反応に対して動じてはいないと語っている」とし、指揮官の強気なコメントを紹介している。

「そういったことは重要視していない。反応して時間を無駄にするようなことはしたくない」

 ショッキングな夜が明け、ポステコグルー監督はこう言い放ったという。

「信念が揺らぐことはない」と毅然…「アプローチは合っているし、これからも合う」

 さらに、かつてU-20代表の指揮も執っていた同監督は「自分に対しての批評についてだが、オーストラリアのサッカー界は10年前から自分に厳しく当たってきたわけで、何も今に始まったことではない」と毅然と話した。

 そして、プレーオフを勝ち抜いてW杯に出場するため、サッカーを変える声も当然、上がっているが、それも一蹴してみせた。

「国に対してや試合に向けて我々の信念が揺らぐことはないし、私はやり遂げてみせる」と話し、さらに「何も変えることはないだろう。スタイルやアプローチは合っているし、これからも合うだろう」とコメント。チームの立て直しに向け、自信はたっぷりなようだ。

 記事によれば、オーストラリアサッカー連盟(FFA)のデイビッド・ギャロップ氏も指揮官への信頼を示しているという。

 今回の結果を受け、元同国代表MFのロビー・スレイター氏は「私が思うに今こそ変革の時だ! 新しいアプローチが必要だ!」などと声を上げていたが、周囲の批判を気にすることなく、ロシアに導く覚悟のようだ。