豪栄道(右)は高安と激しい三番稽古を行った

写真拡大

 大相撲秋場所(10日初日、東京・両国国技館)を控えた5日、東京・江東区の尾車部屋で二所ノ関一門の連合稽古が行われた。大関豪栄道(31=境川)が一門外から参加し、大関高安(27=田子ノ浦)と三番稽古で激突。11番取って7勝4敗と先輩大関の貫禄を見せた。今場所の豪栄道は6回目のカド番を迎えるが、昨年秋場所はカド番から全勝優勝を果たした。

 昨年に続く“連覇”へ向けて「状態はいいので自信を持ってやるだけ。下を見てもしようがない。上を見てやる」と言い切った。一方、初優勝を狙う高安は「感触は良くなかった。自分の悪いところが分かった。それを意識してやる」と本番までに修正する構えだ。

 今場所は4横綱が揃って体調面に不安を抱えており、複数の横綱が休場する可能性がある。逆に言えば、横綱陣の不調は大関にとっては優勝する大きなチャンスでもある。この日の稽古を見守った尾車親方(60=元大関琴風)は「(大関の)2人はいい稽古をしていた。優勝を狙える」と期待を込めた。

 始まる前から波乱のムードが漂う秋場所。大関陣が存在感を示せるか。