カンの創立メンバー、ホルガー・シューカイが79歳で死去

写真拡大

 ドイツの伝説的実験バンド、カンの創立メンバーのホルガー・シューカイが死去した。享年79歳だった。2017年9月5日にSNSで伝えられ、彼のレーベル<ミュート・レコード>がTwitterで認めた。

 同レーベルは、「話らしい話が思いつきません、特にTwitterでは。親愛なるミスター・シューカイ、あなたの死はとても惜しまれることでしょう。笑えるほどの天才でした」と投稿した。

 死因は不明だが、ケルン近郊のヴァイラースヴィストにあるカンのスタジオで遺体となって発見されたとKolner Stadt-Anzeiger紙が報じている。

 シューカイは1938年にポーランドで生まれ、1968年にイルミン・シュミットとカンを結成した。バンドではベースを弾き、録音とエンジニアリングのほとんどを担当した。カンはロック、エレクトロニック、ワールド・ミュージックを融合させ、クラウトロック・ムーヴメントの先駆者となり、1973年の名作『フューチャー・デイズ』など数々のアルバムを発表した。カンの最大のヒット曲「アイ・ウォント・モア」は、1976年の全英ソング・チャート26位が最高位だったが、彼らのサウンドは多くのアーティストに多大な影響を与えた。

 シューカイはソロでもアルバムをいくつか発表し、最後の作品は2015年の『イレブン・イヤーズ・インナースペース』だった。

 今年初めにはカンのドラマー、ヤキ・リーベツァイトが肺炎で亡くなっている。


◎<ミュート・レコード>による投稿
https://twitter.com/MuteUK/status/905210845029953536