TeddyLoid書き下ろし楽曲でダンスのフリースタイルセッション! ゲーム『Destiny 2』が実写化

写真拡大

 PlayStation(R)4用ソフトウェア『Destiny 2』の自由なプレイスタイルをストリートダンスセッションで表現したプロモーション動画が公開された(https://youtu.be/vII1AGyantY)。

 本作『Destiny 2』は、2015年に英国アカデミー賞ゲーム部門でベストゲーム賞を受賞し、累計プレイヤー数が全世界で3000万人を超えたアクションゲーム『Destiny』の続編として発売された。プロモーション動画「『Destiny 2』Live Action Dance Trailer “Freestyle Playground”」では、その世界を実写化しており、RADIOFISHのメンバーであるダンサー・SHIN、ムーンウォークの世界王者・堀野一穂など、総勢39名の有名ダンサー達がゲームキャラクター「ガーディアン」となり、思うがままにストリートダンスセッションし、今までのアクションシューティングゲームの楽しみ方を超越するワクワク感を表現している。

 音楽は「2016年海外のSpotifyで最も再生された日本アーティスト5組」に選出されたTeddyLoidが書き下ろしたオリジナル楽曲。ダンスは振付稼業air:manがプロデュースしている。


◎TeddyLoid−コメント
Q. 今回のオリジナル曲の意図やコンセプトを教えて下さい。
A. ヘビープレイしたタイトル、『Destiny』。広大な空間での共闘感と、ゲーム内のエモート・ダンスにフィットする様な一体感のある楽曲に仕上げられたと思っています。
Q.『Destiny』好きであるTeddyLoidさん。今回のオファーがきた時、どんな気持ちでしたか?
A.『Destiny』のコアゲーマーの僕にとって、この曲を作曲するのは、まさしく“Destiny”。運命だったのでしょう。
Q. 今回の『Destiny 2』はどんな作品だと思われますか?
A. 音楽にも、この世界にも、貴方のエナジーが必要です。『Destiny 2』の新しい交流の場「奥地」でお会いしましょう。

◎映像情報
特別映像「『Destiny 2』Live Action Dance Trailer “Freestyle Playground”」
出演者:YU-YA(ダンサー)/ TAKEHIRO(民族系ダンス)/ SHIN(民族系ダンス)/ JUN(ブレイクダンス)/MOONYMANG(ロボットダンス)/ RYU-SEI(ロボットダンス)/ SANBON(ロボットダンス)/堀野一穂(HIPHOPダンス)/ギニュ〜特戦隊 ギア(ヲタ芸ダンス)
・ダンスプロデュース:振付稼業air:man
・音楽:TeddyLoid
・監督:志賀匠