会場に集まったファンに手を振る福田雄一監督ら登壇者/(C)舞台「スマートモテリーマン講座」実行委員会

写真拡大

舞台「スマートモテリーマン講座」の公開記者会見が行われ、脚本・演出を手掛ける福田雄一、出演する安田顕、戸塚純貴、乃木坂46・若月佑美、水田航生、シソンヌ(長谷川忍・じろう)が出席した。

【写真を見る】いい子ちゃんを脱皮宣言(!?)をした乃木坂46・若月佑美/(C)舞台「スマートモテリーマン講座」実行委員会

本作は自称モテるサラリーマン“モテリーマン”に扮(ふん)する安田が、舞台上でモテるサラリーマンになるためのレクチャーを講座形式で展開する。主人公のさえないサラリーマンを戸塚、彼が好きになるOLを若月、主人公のライバルとなる同僚のモテ男を水田が演じる。

約5年ぶりの公演となるが、「前回は高畑充希ちゃんが出演してくれたんですが、羽ばたかれましたね。朝ドラに出演して…。だいだい、福田さんがキャスティングされる方は、羽ばたいちゃうんですよ。次は若月が朝ドラですよ!」と安田がコメント。

すると若月は「乃木坂46としては福田さんとお仕事をしたことがありますが、若月佑美としてお仕事をするのは初めてなので、いろいろと壁を壊していけたらと思います。いい子ちゃんを脱皮して、頑張ろうかなと」とにっこり。

すると、「若月(の出演)は、秋元(康)さんに直接LINEしてお願いしたからね」と福田監督から意外な一言が。

また、福田監督は「4回目を迎えて、笑いを作るための無敵の布陣というのを考えてキャスティングしました。基本的に笑いの舞台ですけど、4年空けて、スベるっていうのは許されないと思います。最初から最後までずっと笑っていられる舞台にしたいなと思っています」と力強く語った。

本作は11月2日(木)の東京・かめありリリオホールを皮切りに、全メインキャスト6人の故郷を含む全国12会場で上演される。