原口は左ウイングでフル出場。持ち前のハードワークを効かせて、攻守に奔走した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]サウジアラビア1-0日本/9月5日/キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー
 
「オーストラリア戦のようにやるのは難しかった」
 
 敵地でのサウジアラビア戦でフル出場した原口元気は、このように振り返った。
 
「どれだけコンディションが優れた選手が揃っていても、今日のような気候では、前線からの守備をやり続けるのは難しい。もう少し前からいけると思ったが、最初の10分でこれはキツイと感じた」
 
 左サイドで精力的に動いた背番号8は、敵地の酷暑が相当に堪えたようだ。攻撃面に関しても「チャンスをしっかりと決めきらないといけない。セットプレーもそうだし、僕自身もチャンスがあった」と反省の言葉を並べた。
 
「この試合で出た課題をしっかりと生かさないといけない。本番は今日のようなコンディションで戦うことはないかもしれないが、それを言い訳にはできない。戦いにくい相手と試合をした際にどう戦うのかというところは考えていかないといけない」
 
 過酷な環境でも、どんな相手に対しても、コンスタントに力を発揮できなければ、強豪が揃うワールドカップでも苦戦を強いられるだろう。ロシア・ワールドカップ本大会まで残り9か月――。原口は、この敗戦を糧に、さらなる成長を誓う。

【日本代表PHOTO】日本、敗れる・・サウジアラビアは3大会ぶりにW杯出場権獲得