北朝鮮外務省の報道官は5日、北朝鮮が3日に実施した核実験に対して米国が言い掛かりをつけていると、朝鮮中央通信の質問に答える形で非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

報道官は、核実験をめぐり、「米国が先頭に立って『糾弾』劇を演じながら、反共和国制裁策動に熱を上げている」と指摘した。

また、「トランプが吐いた『火炎と憤怒』という暴言と今行われている米国のヒステリックな反共和国圧殺騒動は、米国こそ朝鮮半島の平和と安定を願う国際社会の意思を無視して戦争だけを追求する白昼強盗であることを明白に実証している」と強調した。

さらに、「トランプ行政府時代に入って、われわれの自主権と生存権、発展権を完全に抹殺しようとする米国の策動がより無分別になっていることに伴って、われわれは国家核戦力強化にいっそう拍車をかけざるを得なくなった」と述べた。

その上で、「米国の白昼強盗さながらの制裁・圧迫策動にわれわれは朝鮮式の対応方式で応えるであろうし、米国はそれによって招かれる破局的な結果に対して全責任を負うことになるであろう」と主張した。