親の幸せを願う水子の魂(イラスト/上村恭子)

写真拡大 (全2枚)

“無償の愛”とは、子が親に持つ強い思い。死後も霊体となって、その愛を親に届けてくれているケースもあると、霊能者の流光七奈さんは語る。

 * * *
 この世に生まれてこなかった赤ちゃんを“水子”といいます。よく「水子に祟られる」などといわれますが、そんなことはありません。水子は、親の幸せを願っています。なぜ断言できるかというと、そう実感させられる相談を何件も受けているからです。中でも忘れられないのが、あるお父さんのお話です。

 私のところに相談に来られたのは30代半ばの男性でした。結婚して子供を授かったものの、仕事が生きがいの奥さんは半ば強引に堕胎してしまったそうです。結局それが原因で離婚…。

 彼は堕胎を止められなかった自分を責め、子供を殺したのは自分だと思い込んでいました。私が彼を視ると、確かに女の赤ちゃんが側にいました。ニコニコしながら男性の耳を引っ張るなどしており、悪いことをするような霊には見えません。

 そもそも子供の霊は、生前どんなに虐待されていようと母親の側にいることが多く、父親の側にいるのは珍しいのです。私自身、とても興味がわき、父親と一緒にいる理由を尋ねてみました。すると、

「パパが大好きだから。いつかまた、パパの赤ちゃんになりたいの」と、うれしそうに話してくれました。そこに“親に殺された”という恨みはありませんでした。

 子供の霊体はすぐに生まれ変わります。流産した子が、その次の妊娠で生まれてくるケースもよくあります。肉体は器で、大切なのは魂なんです。私はその男性に、

「亡くなったお子さんは、あなたを恨んでいません。次こそあなたの元へ生まれてこようと準備していますよ」

 と伝えました。その後、その男性は再婚し、かわいい女の子を授かったと聞きました。

 もうひとつ、忘れられない出来事があります。それは、知人の出産祝いに赤ちゃんを見せていただいた時のことです。「どうもこの子は寿命が短い」と直感したのですが、そうは伝えられず、「大切な目的があって生まれてきた子なので、しっかり見守ってね」とだけ伝えておきました。

 あと少しで1才の誕生日を迎えるという時、恐れていた異変が起きました。

 朝、出勤する知人に子供がしつこく抱っこをせがみ、激しく泣いて駄々をこねたそうです。いつもはそんなことしないのに、不思議に思いつつも子供を振り切って出てきたそうです。ところがそのわずか2時間後、泣き叫ぶ妻から連絡が…。昼寝をしたまま、子供が冷たくなっていたというのです。死因は乳幼児突然死症候群でした。

「もしかしたらお別れだとわかっていたから、抱っこをせがんだのかもしれない。自分が抱いてあげていればこんなことにならなかったのでは」と知人は寝込み、仕事も休職。しかしその子もまた、私が霊視をすると、両親を恨むどころか、「短いけれど楽しかった」と感謝し、次に生まれ変わることを楽しみにしている様子でした。

 先に逝った子供たちは、親の幸せを願っています。そして、死を終わりではなく、次の生の始まりとして、前向きにとらえているのです。

※女性セブン2017年9月14日号