画像

写真拡大

 アマゾン傘下のソーシャルビデオプラットフォームTwitchは日本オフィスを東京に設置し、ビデオゲーム以外のエンターテイメント分野へも引き続き注力する意向を明らかにした。日本においても生放送配信の分野で支配的地位を確立できるか、今後が注目される。

 アマゾン傘下のソーシャルビデオプラットフォームTwitch(ツイッチ)は、日本オフィスを東京にオープンし、東京ゲームショウ2017に同社として過去最大級のブースを出展することを発表した。同社は、ビデオゲーム以外のエンターテイメント分野へも引き続き注力する意向を明らかにした。

 日本オフィスにはTwitchのAPACディレクターであるレイフォード・コックフィールド3世が着任。日本オフィスはTwitchの日本市場への継続的な注力と、ゲームを超えた様々なジャンルへの拡張という役割を担う予定だ。

 Twitchによると、近年Twitchユーザー達によって新たに作り出されたゲーム以外の分野には、クリエイティブアート・アニメ・プロレス・オタクカルチャー・雑談といった分野がある。Twitchは現在、日本国内のこれらの分野におけるトップブランドやクリエイター達との提携を進めており、年内に重大な発表をいくつか計画しているという。

 東京ゲームショウ2017では、Twitchとしては初の人気ストリーマーとファンの交流の場を提供。グローバルアンバサダーの梅原大吾氏やプロゲームチームのDeToNatorが来場する。また、昨年の出展時は1台だったライブストリーマーゾーンを今年は7台へ増加し、現地から人気配信者が配信する。Twitchステージ上のコンテンツは日本語・英語・中国語の3言語で配信予定。

MarkeZine編集部[著]