「アルミニウムと水銀でお化けをつくる」という動画が拡散され、トレンドにもなっている位に人気になっています。こうなってくると昨今のネット事情から「やってみた☆」なんて人が現れてきそうな気配にもなっていますが、先に注意しておくと「水銀は猛毒です」という事。大事な事なので二度いいます。「水銀は猛毒です」

オリジナルは科学と化学を専門に紹介する海外の方の動画ですが、3万フォロワーを有するあるSNSアカウントが日本語説明をつけ動画投稿したことで日本人SNSコミュニティに一気に広がっています。
拡散中の日本語投稿には注意書きなど行われていませんが、実はこの実験はよい子でも悪い子でも気軽に真似しちゃダメなやつなんです。しっかりとした設備(環境)で、防護装備を整えた上で、正しい知識を持った人が行うか、正しい知識をもった人立ち会いで行われるべきもの。全くの素人が気軽にやっていいものではありません。

このツイートが拡散どころか爆散されているのを知ったとき、編集部に所属する筆者(正看護師)と、元保健所職員の部員二人で絶句しました。「これいかん。やばいやつ。注意もなにもない。」と。このところのネット事情を振り返ると……気軽に真似する子が本当に出てきそうで……。「ネットのネタにマジレスなんて野暮」と言われるかもしれませんが、6万RTもされ11万いいねがついているのを見るとどうしても見過ごせないのです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■水銀の毒性について

水銀の特徴を紹介した「水銀に係る健康リスク評価について」(以下文献1)によると、「水銀は金属の中でも常温の中で唯一の液状を保った金属であり、常温でも飽和蒸気濃度が非常に高いことなどが特徴 ( 飽和蒸気濃度:13.2 mg/m3(20°C))。これが吸入曝露を考える上では重要であるといわれています。」とされています。

そして、水銀蒸気は吸い込む事で呼吸器に影響を与え、「(気管支・細気管支炎、間質性肺炎、呼吸困難、咳)および尿細管障害等を認める(WHO,1991)。時に呼吸不全で死亡することも有る(Asanoら,2000)」とも文献1にあるように呼気から体内に吸収され、呼吸器に致命的な影響を及ぼすと共に腎臓にも強い毒性を発揮しています。

つまり、“水銀は常温で気化する”、“水銀蒸気を吸い込む事により呼吸器や神経に対しての強い毒性を発揮してしまう”、という事です。

拡散されている動画では、ゴム手袋をはめた手元と実験対象しか映し出されていませんが、恐らくこの実験、動画には写っていない部分で撮影者・実験者は水銀用防毒マスクか何かを装着して行ったのではないでしょうか。そうした条件なども触れられぬまま爆散している現状は本当に怖くなります。

また、他の文献にも「水銀及びメチル水銀等は中枢神経系及び末梢経系に対し有毒であり、魚類に生物蓄積されたメチル水銀を妊婦が摂取することにより、成長中の胎児に神経発達障害をもたらす場合がある。水銀蒸気の吸入は、消化器官系、免疫系、肺及び腎臓に害をおよぼし、時に致命的となることもある。水銀の無機塩は皮膚、眼及び化管に炎症を起こし、摂取により腎毒症をもたらす。他の水銀化合物でも、吸引、摂取または皮膚投与により感覚障害や運動失調を発症する場合があり、震え、不眠、記憶喪失、神経障害、頭痛、認知・運動機能障害が認められる」(「水銀に関する国内外の状況等について」より引用、以下文献2)とあり、経口摂取としては日本人においては主にマグロなどの大型魚類からの水銀摂取が問題に取り上げられているのは知られているところかと思います。

■水銀を手にしてしまった時は

水銀を使用している身の回りにあるものとして身近なものは、水銀体温計や水銀血圧計など、直接水銀を使用しているものの他にも様々な用途で使用されている蛍光灯やボタン電池、乾電池などの電池類、虫歯の穴埋めに使われている歯科用水銀アマルガムなどがあり、工業用途となると更に多くの製品に水銀が使用されています。
これらの身近にある水銀製品は家電品店などで回収されているほか、各自治体でも乾電池や水銀体温計、蛍光灯の分別回収を行っています。

もし、水銀をそのまま裸の状態で触れる状態に出してしまったら……、まず窓を開けて換気をしてください。水銀はコロコロした液体状なので紙などの上に集めたらポリ袋を二重にしてこの中に入れ密封できる容器(ビン、プラスチック、鉄容器)に入れて蓋をしっかり閉めてください。
細かい水銀が散らばってしまったら、細かい銅線が束になっているものでなでると銅線に絡まってキレイに取る事ができます(電気やアンテナ線コードの中身の場合には周りのカバーを外して行う もちろんその後は使用不可です)。取れたら同様に密封してください。密封しないと揮発してしまい、水銀蒸気となって吸い込んでしまう恐れがあります。

水銀の処理は自治体によって回収の仕方が違うところがあるので、お住まいの自治体に問い合わせるとゴミとしての出し方を教えてもらえるので必ず確認してから回収に出してください。間違っても燃えるごみなどにそのまま捨てないように!!また間違ってもトイレに流してはダメです!!これは絶対に守ってください!!!
水銀に関する水俣条約が2017年の8月16日に発効され、水銀に関する規制が多くなっています。

■さいごに

一般的な食用は問題がなくても、妊婦さんはマグロなどの大型魚類を食べないで、というのは先に紹介したメチル水銀による胎児への影響を考慮しての事です。イワシなどの小型魚類などには水銀は殆ど含まれておらず、生態系の上位の種に蓄積されていきます。妊婦さんの食生活について気をつけるのは無論ですが、こうしたネットで拡散された水銀を使った遊びを行うのは妊婦さんがいる家庭のみならず、全ての人に対してかなり危険であるという事を頭に入れておいて欲しいと思います。

もし、水銀を扱っていて水銀蒸気をを吸い込んでいるかも知れない、という人はしっかり水分をとって大量に汗を流す事で、汗からの重金属をある程度排出できるといわれていますが……、自己処理だけで完結させず必ず医師の診察を受けること!それが最も重要です。

※密封方法をさらに詳細に追記、言葉足らずである・読みにくいとご指摘いただいたか所を修正(例「一般的な食用は問題がなくても」)しました。(9月7日18時)

<引用文献>
「水銀に係る健康リスク評価について」
「水銀に関する国内外の状況等について」

<参考サイト>
経済産業省 水銀による環境の汚染の防止に関する法律
厚生労働省 魚介類に含まれる水銀について
水銀の研究(いろいろな水銀)
看護師向け中毒情報「水銀体温計」
感染と感染性廃棄物の ABC

(看護師ライター・梓川みいな、天汐香弓 / 画像・写真AC)