イスラム系少数民族ロヒンギャの難民。バングラデシュのミャンマー国境沿いの町テクナフで(2017年9月5日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ミャンマーとバングラデシュを隔てるナフ(Naf)川の河口で6日早朝、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の難民を乗せたボート数隻が沈没し、少なくとも子ども5人が死亡した。バングラデシュ国境警備隊(Border Guard Bangladesh)がAFPに明らかにした。

 当局よると、ミャンマー北西部ラカイン(Rakhine)州とバングラデシュを隔てるナフ川河口で大勢のロヒンギャ難民を乗せた3〜4隻のボートが沈み、死傷者はさらに増える恐れがあるという。

 国境警備隊の隊員はAFPに、「これまでに男女の子ども5人の遺体が複数か所で見つかった」と語った。

 ラカイン州では武装勢力と治安部隊が衝突を続けており、主にロヒンギャをはじめとする避難民が大量にバングラデシュ国境に殺到している。衝突が発生した先月25日以降、避難民の多くが小型の釣り用ボートでナフ川を渡ろうと試み、すでに大勢の人が水死している。

 国境を越えてバングラデシュに流入した避難民の数は12万5000人を超えている。
【翻訳編集】AFPBB News