ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は6日、10月6日に行われるキリンチャレンジカップ2017の対戦国がニュージーランド代表に決定したことを発表した。

 日本代表は先月31日のオーストラリア戦でロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。これから来年夏の本番に向けて準備を進めていくことになるが、世界各地でまだ予選が続いているため、強豪国とのテストマッチを組むことは難しい。今回のキリンチャレンジカップは、FIFAランク123位のニュージーランドが相手となる。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「ニュージーランドは大陸間プレーオフ進出が決定し、FIFAコンフェデレーションズカップ2017をはじめ、近年国際大会でも存在感が高まっているチームだと聞いている。他大陸の代表チームとの試合になるので、貴重な強化の機会としたい」とコメントした。

 ニュージーランドはW杯オセアニア予選でソロモン諸島とのプレーオフを制し、11月に行われる大陸間プレーオフに向けて準備をしている。オセアニア地区のプレーオフの相手は南米予選で5位のチームだ。

text by 編集部