中国人の海外旅行の渡航回数増加にともない、団体ツアーのような従来の観光スタイルでは物足りなくなっている人も増えており、様々な手配を代行してくれるカスタマイズツアーに人気がシフトし始めている。

写真拡大

中国人の海外旅行の渡航回数増加にともない、団体ツアーのような従来の観光スタイルでは物足りなくなっている人も増えており、様々な手配を代行してくれるカスタマイズツアーに人気がシフトし始めている。1カ月先に迫った国慶節(建国記念日、10月1日)連休でもこの点は顕著になるとみられている。国際商報が伝えた。

旅行予約サイト・同程旅遊の関係者は、「昨年と異なる点は、旅行客は旅行価格だけでなく、旅行商品のプラン内容や品質、コストパフォーマンスに注目していることで、余計なオプションのないツアーが主流になっている。また、個人による長距離のカスタマイズツアーのニーズも増えてきており、旅行客は航空会社のレベルやツアー行程の内容、ツアーバスの快適度、食事のバリエーション、プライバシーを保てるホテルなのかということなどに注目するようになっている」と説明した。

このようなカスタマイズツアーを選ぶ旅行客が好む目的地については、データによると、国慶節にカスタマイズツアーを選ぶユーザーのうち、ヨーロッパ(ロシアを除く)に行くとした旅行客は全体の25%を占め、うち、5割の旅行客がスペインもしくはポルトガルを選んでいた。北米に行くとした旅行客は18%で、うち、9割が米国とカナダを選んでいた。中国大陸部周辺の国・地域に行くとした旅行客は15%で、うち、7割が日本を選んでおり、台湾がその後に続いた。東南アジア諸国に行くとした旅行客は13%で、うち、6割がタイ、3割がシンガポールを選んでいた。そのほか、中東が5%、オーストラリア・ニュージーランドが7%、ロシアが6%、南米が3%だった。

旅行予約サイト・6人遊旅行網の顧問は、国慶節の海外旅行にぴったりの旅行先について、「カエデの紅葉がきれいなカナダ、親子旅行に最適な米フロリダ、映画『ホビットの冒険』のロケ地であるニュージーランド、鮮やかな色の紅葉が見られるノルウェー、紫色のジャカランダが見頃の南アフリカなどがある」と紹介し、「今年はカナダ建国150周年にあたり、カナダの秋はカエデが真っ赤に色づく美しい風景を見られる季節。レンタカーでのドライブからハイキング、サイクリングにカヌーなど様々なスタイルで美しい秋を堪能できる」とした。

国慶節は一年で最も長い連休の一つであり、多くの新婚カップルがハネムーン旅行に行く時期であるため、多くの人がハネムーンのカスタマイズツアーを選択している。これにより、旅行サイト・途牛旅遊網は先ごろ、「たっぷり楽しめるハネムーン」などのユニークなテーマを掲げたハネムーンのカスタマイズツアーを打ち出した。(提供/人民網日本語版・編集YK)